読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫才サカイスト

トンファー

サカイスト主催の漫才ライブに(今年から始まったらしい)トンファーがゲストに招かれ、新ネタをやるというので行って来ました。

これから定期的に開催するとのこと。トンファーとかたつむりはレギュラー出演だそうです。トンファーがコンビでレギュラー出演するライブなんて初めてだと思うので、これからの楽しみが増えた!

 -ネタ

-サカイスト:童話

デンペーさんのおしゃれキャラを全面に押し出した内容でしたが、とにかくいつもニコニコ陽気なデンペーさんがイライラして当り散らすというような内容だったので、見ていて少し違和感が。でも見た目から受けるイメージには合ってるので、彼らを知らない人からしたらこちらのほうが面白いのかもしれない。

-トンファー:ガンコな大将

ガンコなラーメン屋の大将に憧れる→ガンコな寿司屋の大将というような流れ。

ネタの構成的にはサーキットでかけていた2本(やりたいこと、とスポーツ好きの女の子)のネタとちょっと似ているような感じだったかな。「まずーーい!」と笑顔で言うりゅーじくんが、とても面白かったです。こういう感じのボケが本当にとてもよく似合う。

つい最近まで忘れかけていた山西さんのツッコミフレーズの強さみたいなのが、とても良く主張されていた*1し、最後ちょっとグダっていたけどりゅーじくんが笑顔で山西さんを詰る感じが、昔やっていた何でも屋のネタにも通じるところがあったし、また改良されていくのが楽しみ。

「こだわり持たんでええ、客は」「こう見えて事なかれ主義やから」

-かたつむり:ぶらり途中下車の旅

やりたいと言い出したのは林さんなのに、途中で中澤さんに変わったことについて、ネタ中に「俺がやりたいって言ったのに」と言い出すのが好きな感じでした。とても楽しそうにナレーション側の役もやっていたのに…。

-サカイスト:川崎

自分の住んでる街をオススメしたい、というネタ。設定に入らないでデンペーさんがたくさん喋るネタだった。そんなに頻繁にサカイストのことを見ることが無いけれど、ここ1年ぐらいで見た中では一番好きな感じだった。

「川崎」の単語が出ただけで拍手笑いが起きていたのはちょっと異様だったけど。サカイストファンの中では川崎はおもしろワードとして認識されているのかしら。

-トーク

-明転すると、それぞれがお芝居の舞台セットを使ってポーズを決めている。

-突然お芝居がかったセリフを山西さんが。そこからお芝居みたいなことがスタートするが、ふわふわ着地点が見えない

-「なんでセリフ言ったのか」「ポーズだけで良かったのに」と責められる山西さん

-「(お客さんが)『あ、物語始まったな』って顔してたんで(山西)」

-「してねーよ」「『気持ち悪い顔だなー』って思ったんだよ」「それだけしかない、お前の顔見て思うことなんて(りゅーじ)」

-サカイストトンファー、かたつむりは普段から仲が良い

-かたつむりはサカイストが率いるまさよし劇団(神保町お芝居のチーム)に昨年から所属している

-「かたつむりとはお笑いよりもお芝居で会うことが多いから、こうやって会うとちょっと恥ずかしい(まさよし)」

-トンファーもなんだかんだかたつむりと一緒になることはないと言い出す

-「(かたつむりは)お笑いライブ出ないもんな!(デンペー)」

-山西さんはまさよしさんと仲良し、りゅーじくんとかたつむりはデンペーさんと仲良し

-デンペー一門会はデンペーさんのことを「師匠」と呼ぶ

-中澤さんはたびたび「本気のネタ合わせをしたい」と言っているそう

-「だいすけに聞くと「やってる」って言うんだけど(りゅーじ)」

-中澤さんの気持ちだけの問題

-中澤さんが考えているネタ、シルエット漫才

-「夜中のテンションで考えたでしょ?(山西)」

-トンファーも夜中のテンションで作って変なネタが出来そうになることがある

-例としてやっていた「早口言葉」の設定の漫才が、ヒドかった。ヒドかったけど面白かった。*2

-サカイストはネタ合わせは車の中でする

-トンファーとかたつむりはネタ合わせはあまりしない

-デンペーさんはネタ合わせが大好き

-「ネタ作りしないから、ネタ合わせばっかりしたがる(まさよし)」

-「いつもガチガチに作って、そこでふっと出るまさよしさんのアドリブが1番おもしろいって言ってますもんね!(りゅーじ)」

-「普段2人でそんな話してるんですね(山西)」*3

-サカイスト単独の後のデンペー一門会の様子

-かたつむりと、りゅーじくんはデンペー一門会の2期生

-1期生はLLR福田、グランジ佐藤、ロシモンすーなか等

-「1期生がね、自分には甘いのに2期生に厳しい!(りゅーじ)」

-「俺らはね、少なからず(デンペーに対して)愛があるもん!(りゅーじ)」

-「少なからず!?」「絞り出してんのね(山西)」

-「1期生はもうニオイだけ。中身がない、スッカスカ(りゅーじ)」

-打ち上げの後にデンペー一門会で歌舞伎町へ

-歌舞伎町に芸人が行ってもやっぱり浮いてしまうが、それが8人とかそろって歩いているのがとても楽しかったそう

-「総回診ですね(山西)」

-みんなで良く行った場所に行ったけど、ことごとく潰れていた

-このライブがあって、劇団のメンバーを決めることにもなって、メンバーを同じにしたほうがどちらにも良い効果があるんじゃないかと思ってトンファーとかたつむりを選んだ

-「遅いっすね!(りゅーじ)」

-「劇団いつからやってんすか?」「1年前からですよね?」「遅いっすね!^^(りゅーじ)」

-こうやってニコニコと笑顔でこういうこと言うのがとても面白くて好きです

-デンペー一門会のコンパ話

-とにかく圧倒的に林さんがモテる

-「色気が違うもんね」「俺が女の子だったら持ち帰られていいもん(まさよし)」「お断りします(林)」

-林さん超デキる子らしい「スーパープレイヤーだよ(中澤)」

-「あれ?『合コンサカイスト』でしたっけ?(山西)」

-デンペー一門会はお互いの女の子の好みも把握している、とデンペーさん

-「りゅーじはとにかくメンクイだから(デンペー)」「よう俺と組んでるなー!(山西)」*4

 

最後に、スーパープレイヤーのはずの林さんの失敗話をしていましたが、これが長い割には対して面白くもない話で、最後の最後にこんな話を聞かされてこの先のこのライブが少し不安になりましたが、こういうのは回を重ねるごとに良くなっていくものですよね。何より新ネタを定期的におろす場所が出来てありがたいです。

 次回は3月予定とのこと。

 

*1:主張と書くとネガティブなイメージになりそうだけど、とても良い意味で

*2:本ネタでやってたら許せないだろうけど

*3:意外とマジメな話をしていて驚き

*4:でもブルースタンダードを思うとメンクイだと思う