読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SHIBU AGE寄席


先日「SHIBUYA MANZAI STYLE」というライブに行って来ましたがそちらは漫才オンリーなのに対して、SHIBU AGE寄席はコント、漫才関係なくネタと、コーナーのライブです。投票システムのないAGEAGE(出演者もAGEメンバーに限らない)って感覚で良いのかな。以前に一度行ったことがあって今回二回目でした、ライブ自体は定期的にやっているようですね。


  • 前半コーナー:大川さんのやりそうな一発ギャグを予想しよう
  • シソンヌ:お弁当屋さん(コント)
  • 畑中しんじろう:ダンス付でエピソードトーク、聖闘士星矢でカップスタック
  • ライス:ドSの田所、ドMの関町(コント)
  • ポテト少年団:名前を覚えてもらおう(漫才)
  • エリートヤンキー:走馬灯(漫才)

コーナーは、ある小道具を使って3分間自由に一発ギャグをやる。その後でMCのニブンノゴ大川さんが1分間同じ小道具を使って一発ギャグをやるので、同じギャグがあればポイント、というもの。
これが非常に難しくて、皆さん必死で大川さんに寄せていくのですが蓋を開けてみると予想外のことばかりされるという(笑)結果一問も正解できず…。
シソンヌ、ちゃんとネタを見てるのって数える程なのですが割と早い時間のライブのトップバッターでこんなネタかい!と。花金寄席じゃないんだから…いつもこういう感じなのでしょうか(笑)
ポテト少年団は菊地さんがメガホンの中にブブゼラを仕込んでおりまして、叩くとどうやらそれが芯となっていつもより痛いようでした。途中ブブゼラの部品が取れちゃうハプニングがありまして、拾い上げた中谷さん「俺の部品が取れたかと思った」「中ちゃんに足りないのはそんなもんじゃないよー(菊地)」
エリヤン、冒頭で「2人とも鼻声ですみませんねー(橘)」「この人からもらったんです、風邪(西島)」「内緒であげたんです(橘)」というやりとりが。*1「全然内緒になってない、『誰からもらったんだろう』ていう疑問なかったよ(西島)」とのこと(笑)2人の関係になんとなく不安があったりもしたのですが、最近仲良いように見えますね、見せてるだけかしら。でも「見せる」ことが出来るようになったのは大きな一歩だよな。
ネタは走馬灯で、やっぱり橘さんの手が空きっぱなしになってる感が気になります…役不足?


  • コーナー:ペロペロジェスチャー
  • ミルククラウン:田園にもってかれる(漫才)
  • ロシアンモンキー:お菓子の専門学校(漫才)
  • ブロードキャスト:火事を冷静に対処(漫才)
  • サカイスト:今日は俺がボケをやる(漫才)
  • POISON GIRL BAND:しりとり(漫才)

コーナーは「ペロペロ」とか「ベチャベチャ」とか同じ言葉が二回続けて出来ている擬音でジェスチャーゲーム。ジェスチャーは大川さんと2人で行う、というもの。前半ツッコミチームの際に散々ふざけて適当なジェスチャーをやっていたのに、後半ボケチームのときはかなりガチでやる大川さんに惑わされる一同(笑)結局規定のポイントを稼げずギャラ無し、となってしまったのですが森本さんのご好意で「今から大川さんがやるジェスチャーを当てれたらギャラ2倍」との提案、しかし外したら全員吉田さんの髪型にしなくてはいけない(笑)「罰ゲームでやってるんじゃない」「楽だよ」と主張する吉田さん。結局外してしまい「あーあ」となる一同でしたが、吉田さんだけは「俺は分かってたけど、皆がそう言うから」とのこと。なのでもう一度やってみることに。今度は全く想像のつかないジェスチャーに戸惑う一同、なんとなく答えを出した上で吉田さんに「吉田さんはどう思いますか?」と訊ねると「みんな大川さんのこと分かってない、あれは『ニブニブ』だ!」と。吉田さんとしては「ニブンノゴ!」からもってきた答えだったようなのですが、客席に全然伝わらず…前に引っ張り出され「もっと伝わると思ってましたー」と(笑)正解を訊ねるとなんと「ニブニブ」が正解!吉田さんさすが!!(笑)
ロシアンモンキーは最近どのネタ見ても面白いですね、私の中でポテ少・ロシモンの安定感は半端じゃないです。
サカイストは先日のA面B面でA面としてやっていたネタ。あの時は相当グダついてしまっていましたが、今日はさすがにまとまっておりました。が、やっぱり突如現れる「オシャレが止まらねー!」のくだりは初めて見る人には優しくないよなぁと。たまたま隣に座ってた方がなんとなくフラリと立ち寄った方といったご様子で*2おそらく会場が一番沸いたであろうそのくだりのときにシーンとしていたのがすごく印象に残ってまして。
ポイズンはしりとりのネタ。久しぶりに見ました、似てないモノマネやスローモーションでのゴリラ模写などやりたい放題の吉田さんに対して明らかに戸惑いながらも吉田さんに対しては優しく「動じてない」ように振る舞う阿部さんの演技が好きです。吉田さんがツッコしていないというか、両者のターンがあるというか、こういうネタってここ最近はあんまり無いなぁと思ったり、でもポイズンのイメージってツッコミ不在*3みたいな印象なんですよね、自分は最近のファンなので以前のことよく知らないのですが、こういうネタばかりやっていたのかしら。


エンディングで告知の際に阿部さんが手を挙げていて、時間がおしちゃっていたので遠慮して告知はしていなかったのですが、翌日の神保町トークの告知かなーと思いまして。ポイズンは意外と吉田さんより阿部さんのほうがこういう告知をちゃんとやるのだと最近知りました。以前は告知していなかった?心境の変化?ちょっと気になるのは漫才トークにしろ吉田トークにしろ「トークライブ」と称するのですが、漫才トークは新ネタやりますって言ったほうが引きあるだろうし、吉田トークに関しては普通のポイズンのトークライブだと思ったら度肝抜かれちゃうからもう少し説明して!と思います(笑)

*1:ツイッターでも仰ってましたね

*2:配布CDを貰ったついでに来たようでした

*3:もしくはボケ不在?