読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE MAINAI2014 本戦サーキット 日清どん兵衛ラウンド(大阪:なんばグランド花月)

本戦サーキット4戦目、NGK。
MCはあべこうじさん。
結果は
1位:学天即
 
コマンダンテの2位にはグッとくるものがありました。決勝で見れると嬉しいなぁ。
以下、ネタバレも含む感想。端折り気味。
  • 0番手:アインシュタイン:副業で居酒屋を経営
    去年サーキットを全て見ることが出来て、感じたのは東京の0番手には「認定組と差がない!」「なんで認定されないの!」と思う一方で関西組の0番手に対しては、なんとなく認定組との差を感じるなということ。多分これはわたしが東京のライブシーンに慣れているから(0番手に出てくる人のことをよく知っているから)であって、たとえば関西の方が東京のサーキットを見に来たら同じように感じるんだろうな、とか思った。サーキットを見ると知名度の大切さを感じる。と、長い前置きになってしまいましたが、面白かった気がするけど内容全然覚えてないからのことです!
  • ロングコートダディ:牧場
    知らないコンビなわけですが。事前番組で見たネタと同じ形式だったので、スッと入ってきました。ツッコミの言い回しが「おい、〜しないほうがいい」というもので統一されているので、ツッコミキラーワードみたいなものにはならないんだけど、でも他のコンビとは明らかに違う色を持っていて(持っているように演出が徹底されていて)賞レースでは特に目を引く存在なんだろうな。
    「自由時間になったのかと思った」
  • ゆにばーす:人は見た目より中身
    もう、もう、もう!原さんがずーっと「人は中身より見た目って本当ですか?」って聞いてるんですよ!これ間違えたのか、こういうネタなのか分かりにくいし、川瀬さんも気付いてないのか指摘しないから2人の会話が噛み合って無いし、だから一番盛り上がるであろうところで客が急激に置いてかれちゃうし。勿体無いなー勿体無いなー。
    よしもとクリエイティブエージェンシーや」
  • POISON GIRL BAND:子供の作り方
    素晴らしいネタですね。ポイズンに関しては褒め言葉しか出てこないわけですけど、まー大阪ではハマらないコンビランキングをつけたらトップになれるんじゃないかと思うようなコンビですので、関西の出番になるのはファンとしては厳しいなあと思う反面、今年のこのネタなら場所を問わずウケるだろうなという気持ちもあり。結果的には自分が笑い過ぎて周りの雰囲気が分からなかったんですが…ウケてたんじゃないかなーと思います。やっぱりネタに入るところでグッと集中力を高められるので、見る姿勢になるし、その後に続くボケも動きがあったりで分かりやすいし、でもあれだけ単純なつくりのものを見せ物として昇華できるのは、2人の技量(特に阿部ちゃんの演技力)の賜物。
    「寄るな、バカ」
  • 吉田たち:赤と青
    出てきたときの歓声とか、拍手とか、人気者なんだなあ!と驚きました。双子コンビということで、どうしても東京の某双子コンビと比べてしまって、そういう見方しか出来ていなくて嫌な感じなんですけど、東京の双子コンビは、ボケツッコミの前に双子の言い争いみたいな印象を受けるのに対して、吉田たちはボケツッコミの役割が前提条件になった上で双子ならではの言い争いをしているという印象でした。たまたまこのネタだけかもしれないけれど。でも個人的には関西はボケツッコミをハッキリさせている、というイメージがあるのでこれが地域性?とか思ったのでした。松田聖子のところが面白かったです。
    どん兵衛派ですー」
  • 2丁拳銃:室伏とくるぶし

  • 阿佐ヶ谷姉妹:スーパー
    東京を活動拠点にしている彼女たちが、こんなに大阪のお客さんに歓迎されているということに驚き。テレビ露出が増えているんでしょうか。面白い云々の前の、ユニークさというか愉快な雰囲気作りが本当に上手くて出てくるだけでつい微笑んでしまうような不思議な力がある。そして、もしかして親父ギャグというかダジャレを連発するおばさんというのは新ジャンルなのか?ということに今更思い当たった。そこが真新しさなのね。
    「ガンバ。ガンバ。ガンバ大阪。」
  • モグライダー:タイムトラベル
    なぜ2回戦のネタをサーキットに持ってこなかったのか…あのネタすこぶる面白かったので、また見たかったなという個人的な欲求ですが。モグライダーのことを追っていて、このネタを何回も見たことがあったとしたら、きっと芝さんの対応能力の高さに惚れ惚れするのだろうけど、初めて見るわたしには芝さんすら失敗しているように見えて「こんなんじゃないのに!関西の人に変なイメージついちゃう!」とファンでもないのにハラハラしました。あとわたしは芝さんがナンちゃんにしか見えません。
    「ボキがゴキブリ!」
  • レイザーラモン:EXILE
  • ダイノジ:子供の遊び
  • ザ・ぼんち:海外旅行
    ネタ終わりで、MCのあべちゃんが「10分ぐらいみたーい」と仰っていましたが、本当にそう!10分ぐらい見たかった!いやあ、わたし師匠クラスの方の漫才にトラウマがあったので(昨年の決勝の裏でやっていたライブ)この芸歴で、これだけベテランでやっていて、こうやって賞レースに出てきて若い層にも(果たしてわたしがお笑いファン的に若い年齢に分類されるのかは怪しいところだけれど)伝わって、さらに「もっと長くみたい」という気持ちにさせることが出来るというのは、とんでもないことだな!と思うわけです。
    「おかずも食べなさい!」

  • 見取り図:休日の過ごし方
  • 学天即:趣味おしゃれ
    学天即はやっぱり面白いなあ、というのと会場からの期待度の高さと、私自身もやはり過剰に期待していたことで、もうちょっと欲しかった!という思いも少し。でも面白かったです。奥田さんのツッコミは、声質とか喋り方とかがとても説得力を持っていて素晴らしいと思う。同じことを言ったとしても他の人だとこんなに響かないんじゃないかな。
    「ほとんど、あいうえお」
  • トータルテンボス:UFOキャッチャー
    開口一番に大村「もじゃもじゃヘアが二組続いてしまって…」藤田『もうやってなくねえ!?』面白かったなー。大村さんのトボけた顔でボケるところが好きです。
    アドリブでは無いのだと分かっているけれど、さもアドリブであるかのような藤田さんの表情がなんともキャッチーでこれは藤田さんだからこそ為せる技だなーと。最近のトータルテンボスのネタを見ていなかったけれど、数年前に見たときにちょっと物足りなさを感じていたことが嘘みたいに面白かった。
    「さーて、歯も磨いたことだし」
  • 藤崎マーケット:フィギアスケートの実況
  • ダイアン:カリスマ美容師

  • ムニムニヤエバ:落語家で遊ぼう
    ずいぶん責めたことをするなあ、と(笑)事前番組でも相当責めてましたし、そういうとがったコンビなのかな?これは漫才なの?みたいな感覚に陥りますが、面白かったです。一方でこういうものを評価する自分に酔ってるんじゃないか?という気分にもさせてくれます。
  • クロスバー直撃:披露宴
  • アキナ:遭難
  • コマンダンテ:結婚の挨拶
    ツカミの「おっと」から、ずーっと気持ちを持っていかれっぱなしでした。面白いなー、きっともっとたくさん見たら大好きになってしまうコンビ。
    ボケの拡げた設定の中に放りこまれて、なんとかついていくという様子はよくあるものなんだけど、その一瞬の動揺の見せ方の奥ゆかしさとか、そこから立て直してやりきるスマートさとか、とにかく全ての流れがゆるやかに美しくて見ていて疲れない!力を抜いてみれる!面白い!面白い!!設定に入ってる状態と抜けてる状態の繋ぎ目がキレイってことなんだろうな。すごく好きな感じ。テレビで見たいよー!
    「もう最近嫌いや」
  • かまいたち:料理
    流石のトリでした。面白かったなあ。なんかそんなに派手なことやっていないのに、しっかり面白くて安定感がある。一人鍋愛好家のわたしには、やや胸に刺さる言葉もありましたが。
    「みりんは要らなそう」


    今回、ネタタイトルメモを見ても内容が思い出せないコンビが多くて、普段から見ているかどうかって重要なんだなーなんてことを思いました。