読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Scheduleインストアイベント@音楽処


インストアライブと、サイン会とのこと。
インストアライブ自体は無料でCD購入の方が優先的に入れるということで、30分ぐらい前に行ったらすでに結構人がいたのですが、1人だったこともありサッと前のほうの席に案内してもらえました。
普段のライブだと、ドラムが真ん中で、左右にベース・ギター(ボーカル)という配置なわけですが、アコースティックだから、なのかこの日が特別なのかはちょっと分からないんですけど、向かって左からベース、ギター、ドラム(太鼓?あの楽器は何ていう名称?)という順に並んでいて、普段はドラムセットの影になって見えない川原さんがよく見えました。
「大石さん、酒飲んでもいないのに酒ヤケみたいな声ですけど大丈夫ですか?(川原)」
「沖くん、ね、さっきは一緒にマクド行ってね。月見バーガーを…(大石)」「いやーやっぱり札幌で食べる月見バーガーはねぇ!(沖)」
この前日、ライブの打ち上げで散々飲み食いした後に「カレー食べましょう!」とあるスタッフさんに誘われ、カレー餃子?餃子カレー?なるものを食べに行った沖くん。「で、そのスタッフさんは食べないっていう(沖)」その場では食べずにテイクアウトにし、ミスドへ行ったところその場に居たほかの人達に「冷めないうちに食べたほうが良い」とそそのかされミスドでカレーを食べたらしい。午前1時。
「僕のところ電話かかってきて『早くミスドこないとカレー無くなりますよ!』って(川原)」
大石くんは先にホテルへ帰って眠り、今朝も早くから活動していたそう。仮面ライダーを見ていたらしく「シャバドゥビタッチヘンシーン!」と揚々と歌う。「めっちゃテンション上がってるやん(沖)」「今日イチやな(大石)」
  • スマイル
  • コンパス
コンパスのアコースティックバージョンは今回のアルバムFUTUREに収録されているけど、それまでは販売はしていなくてCD購入特典で配布したもののみだとか。*1
解散ライブツアーの時の客出しに使っており、その時に自分達はもうステージ上にいないのに客席が皆で歌っていて最後に大きな拍手がずっと鳴っていたというのがすごく印象に残っているらしい。
解散ライブ、札幌が最後の最後だったのかな?その時に沖くん、川原さんは割とサッとはけたにも関わらず、大石くんはずーっと戻ってこなかったらしい。「いつまでも手振ってて、全然戻ってこーへん(川原)」「…ほんっとにもう、そいつは、連れてこい!(大石)」
サイン会に参加する方にはお土産として缶バッチを用意してます、とのこと*2缶バッチは手作り出来る機械を購入しているらしく、川原さんが作成しているんだとか。その時に販売用のとは全然違うものも作ったので、それを…と。「全然関係ないって『吉川のりお』*3とかじゃないからね(大石)」
  • 結末のない二人



サイン会にもちゃっかり参加したのですが、実はサウスケに目の前でサインを書いてもらうのは初めてで、なんだか非常にドキドキしたのでした。私は密かに「名前を入れてもらうなら川原さんにお願いしよう!」と思っていたのですが、並び順が大石くん、沖くん、川原さんの順で最初の大石くんに「名前は何ですか?」と聞いてもらっちゃったので、そこで頑なに拒むわけにもいかず大石くんに名前を書いてもらったのでした。いや、別に良いんだけどさ!なんだかさ!あまりにも当然のように聞かれたからさ!なんだかさ!
と言うか、私は勝手に好きな人に名前を書いてもらうものだと思いこんでいたけれど、そういうものではないということなのかな。
1時間にも満たない時間でしたが、とても楽しかったです。ゆるっとトークも聞けるのが良いですね。

*1:持ってる

*2:このときポスターもあるって言ってた気がするんですけど、貰わなかったなぁ

*3:STVのアナウンサー