読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE MANZAI2014 本戦サーキット 日清ラ王ラウンド(東京:ルミネtheよしもと)

ついに本戦サーキットが始まりました。

今年は自分の大好きなPOISON GIRL BANDがとても良いネタが出来ている状態で認定されているので、サーキットで見ることがとても楽しみ。そして、サーキットで色んなお客さんに見てもらえるということがとても楽しみ。

もちろん他の漫才師が見れることも楽しみで。2回戦は東京日程は4日間見に行くことが出来たので、認定された人達がどんな面白い漫才を見せてくれるのか知っているし、2回戦でやっていないもう1本のネタがどんなものなのだろうかという期待も大きくて、とにかく、とても楽しみにしていたということです。

1位:馬鹿よ貴方は

2位:三四郎

ネタバレありの感想、ネタメモ。
吉本贔屓だということをご承知おきください。

  •  MC:あべこうじ
    THE MANZAI本戦サーキット認定MCのあべこうじです」とのこと。
    あべちゃんのMCはとても面白くて、サーキットを盛り上げる重要な一因になっていると思います。誰がどうのという話ではないけれど、あべちゃんのMCで一度見てしまうと他のMCだと物足りなく感じてしまうぐらいに。
    サーキット名物の日清食品からのお土産は今年もあり。このお土産(今回はラ王)の商品説明をする中であべちゃんが小芝居を披露してくれたんですが、そこでしっかり惚気を織り交ぜてくるという。ちくしょー、なんだよ、うらやましいぞ!ちゃんあい!
  • (0番手)ダイタク:電車
    今年も0番手ルールがありました。このルール本当にとても素晴らしいと思う。
    ダイタクは昨年も0番手を経験しており、2年連続なので「認定0番手です」「来年も0番手だったら、再来年はシードで認定される」とか。
    2回戦で見ていて、絶対認定される!と思ったコンビが3組ぐらいいて、そのうちの一組がダイタクでした。だから認定されなかったことが今でも疑問だし悔しいという気持ちがあって、0番手でネタはとびきり面白いのにちょっと切なくなってしまったり。認定バッジをつけた姿でこのネタ見たかったな。
    「俺たちが大人の双子だからだよ」
  • トップリード:売れたい
    2回戦と違うネタ!2回戦で見たときにとっても面白いけれど、トップリードというコンビを知っていないと(彼らがかなり綿密に作られたコントを得意とするコント師であるということ)面白さが伝わらないんじゃないか?と思う部分もあって、サーキット大丈夫なのかな…なんておせっかいな心配をしていたのですが、とってもとっても面白かった!
    新妻さんのボケに対する、和賀さんのツッコミが、言葉より先に表情でしっかり違和感と不満を露わにしていて、そこにまた的確な言葉でのツッコミが追加されるから1つのボケで2度美味しい。
    「小木さんの夢を叶えてあげたいのが矢作さんだから」
  • 三日月マンハッタン:強いパンチ
    これが沖縄弁なのか仲嶺さんの口調なのか分からないけれど、「~なるよ?」というツッコミの言い回しが見れば見るほどクセになる。好き。
    カレーのくだりがとても好き。
    2回戦でやっていたネタをサーキットで見ると、会場の規模とかの問題なのか少し見劣りしてしまうことがあるけれど、2回戦以上にウケていたんじゃないかと思う。
    「それ森からまとめて借りられないの?」
  • ジャングルポケット:○○派
    個人的な好みとしてジャンポケに対してあまり好意的な感情を抱いていないのですが、それでも笑ってしまうというのは本当に面白いからだと思う。
    2回戦でも見たけれど、最後の最後に太田さんが斎藤さんに問いかけるところがとても面白い。あの演技力というか迫力込みの面白さなので、太田さんじゃないと、ジャンポケじゃないと成立しない面白さで、そういうものを作り出せるというのはやっぱり評価されるべきトリオなんだなと思わされる。
    「爆発だよ!」
  • モグライダー:101回目のプロポーズ
    面白かったなー。今日は初日ということで2回戦と同じネタをやるコンビが多い中、モグライダーは見たことないネタだったということも関係しているかもしれないけれど、それはそれはもうとても面白かった。
    彼らのことは数回しか見たことが無いので、「芝さんがすごい」と言われる理由をやっと目の当りに出来たような気がする。あのともしげさんをコントロールしているという点だけですごいと思っていたけれど、それだけじゃなくて真っ当にツッコミが、ツッコミの見せ方が上手なんだと。
    「感動するシーンをやる」というともしげさんに対して「じゃあ感動出来なかったら○○な」と言うところまではよくあるような気がするけれど、見ている側が4分の間でだんだん芝さんの「それ」を待つようになって、最後のほうには待ってました笑いにまで持っていけるという技量がすごいと思った。面白かったー。
    「何で吹かれたか分かる?」
  • なすなかにし:アイドル番組MC
    このネタに既視感がありすぎて「去年と同じネタ?」と思い、去年のレポを探してみたら「なすなかのネタは何がテーマだったか分からなくなる」としか書いてなくて過去の自分をぶん殴りたくなったと同時に、今年はテーマが明確に分かるネタだったことに気付き、昨年はただベテラン風に漫才をするという見せ方だったのが、今年はまた違う感じになったのかな?とか思った。とか言って去年と同じネタだったらどうしよう(笑)
    「どの養成所でこれを教えますか?」

  • 田畑藤本:略して東大
    正直2回戦のほうがウケていたかな?と思うけれど、オチのあの展開は健在でしっかり心掴んだんじゃないかな?と。緊張していたのか、ちょっと口調がわちゃわちゃっと聞き取りにくくなっていたりしたのが勿体無かったなぁ。
    「大阪ラウンドで言ってやりたかったですよ!」
  • 霜降り明星:小学校の思い出
    今回関西から来ていたのは彼らだけかな?東京から関西へ行くとアウェイもアウェイなのに、関西から東京で来る人に対してはそうでもない(むしろウェルカムモード)であることに対して関西に行った経験のなる東京の芸人さん*1は「東京のお客さんは優しすぎる」なんて無茶苦茶な文句を言っていましたが、今日霜降り明星のことを見ていたら単純に関西から東京へ来ていたコンビはそこそこ名の知れた人ばかりだったからなのでは?と思い至った。
    自分は出身は関東では無いから東京の客と言ってもらえるのかどうか分からないけれど、偏見の眼差しで見るならば非常に関西っぽい、若手っぽいネタだなと思った。
    ツッコミの方が、風にあおられたような動作でのツッコミが多くて元気いっぱいだなー体力有り余っているんだろうなーとも思った。関西で割と人気があるコンビなようなので、きっと東京用にこのネタを選んだんだろうなと思うと、普段のネタを見てみたいという気にさせられた。
    「私立の学校!」
  • 馬鹿よ貴方は:カレー
    この独特な雰囲気をツカミの段階で十分に周知させられるというのが、まず凄みだと思う。一度彼らの空気感の内側に入ってしまえば、あとはもうやりたい放題というか(笑)
    「ようこそ、ゴールドジムへ」
  • マシンガンズ:腹立つこと
    マシンガンズはネタタイトルつけにくいですね。Twitterでは「おっさん」なんてタイトルつけてる方もいました。
    ウケていました。マシンガンズはお笑いファンの中で評価が高いですし、実際今日もウケていましたし、面白いコンビなんだと思います。けれど自分はあんまりしっくりこなくて、これ何でなんだろう?と思っていたのだけれど、サーキットの場で見ていて分かった気がします。多分、私は大きな声でがなられると、そのことに圧倒されてしまって漫才の中身が全く入ってきていないのだと。その証拠にマシンガンズのネタの内容をほとんど覚えていない…。お笑いライブに足繁く通っている身としては、こんな初歩的なところで躓いているなんて恥ずかしすぎるので気付きたくなかった…。
    「緑のやつだろ!?」
  • 磁石:プロポーズ
    前のコンビのマシンガンズがマイクを触っていた影響で、マイク位置がセンターから少しズレた状態で、そのままスタート。舞台中心より少し上手よりで漫才をしていました(笑)


  • 湘南デストラーデ:街頭アンケート
    2回戦のほうがウケていたかなーと思っていたら、結果発表前の時間で「こんな大きいとこでやるのは初めて」「1年分のお客さんに見てもらった」と仰っていたので、単純に規模に合った声量とかになっていなかったということなのかなーと思った。そういうのを見ると認定漫才師になった途端にルミネその他劇場での本公演にガシガシ出番を入れられる吉本芸人は恵まれているんだなと思う。
    「増えてない!」
  • ゆにばーす:夢は信じれば叶う
    こちらも2回戦のほうがウケていたかなーと思ったけど、2回戦のインパクトが強すぎて勝手に期待値を上げてしまったからなのかもしれない。
    「どっちにしてもやばいやつだった」
  • POISON GIRL BAND:この中にお医者様はいらっしゃいませんか?
    あー面白かった。私の中ではダントツの一位でした。笑い過ぎて呼吸が追い付かなかったよ。ポイズンがコントに入るネタをやるなんてことが、そもそも信じられないことではあるんですけど、既存の設定漫才では考えられないような展開!メタにいくのかと思ったらそうでもないし、かといって設定に則っていくわけでもなく。「お医者様はいらっしゃいませんか?って場面あるじゃん?」の一言から、この展開を誰が想像出来て誰が作れるんでしょうか。それが出来るのはPOISON GIRL BANDだけだ!…とつい熱くなってしまいましたけれど、胸キュンなんて言葉で片づけられないぐらい痺れました。素晴らしい。設定から予想もつかないような行動をとっているのにも関わらず、重機を動かす阿部ちゃんが鮮明に思い描けるという不思議。ポイズンの漫才は確かにややトンでいるところがあるのかもしれないけれど、どんなに非常識なことを言っていても笑えるのはしっかりその情景が重い浮かべることが出来るからだと思っていて、その魅力を存分に盛り込んだネタだなーと。
    「ローに入れてふかさないで!」
  • S×L
    どうしようもなくポイズンが大好きな私は「ポイズンの後なんてかわいそうに…」と思ったものですが、とても面白かったです。ウケていた。
    漫才の形、というか「俺いつも何て言ってる?」のくだりはずっとそのままなのに、それは生かしたままでどんどん進化したネタを作っていて酒井さんってすごいなって思った。ネタは非常に気持ち悪かったけれど!こんなに顔をゆがめながら笑ったのはノンスタのイキリネタ以来です。
    「俺、会話出来ないじゃん!」
  • 三四郎:美容師
    三四郎のことは賞レースでお目にかかるぐらいなのですが、先日ウーマンラッシュアワーと共演した際にパラ兄がイチオシのネタがあって、それを言われてから小宮さんが影響受けてそのネタばかりしているというようなことを友人のレポツイートを読んで知っていたので「美容師になりたい」と言った瞬間に「これパラ兄の(イチオシの)ネタやー!!」と、この瞬間が4分間のピークとなるぐらいにテンションが上がりました。
    「わたしは水の精だ」


  • 浜口浜村:自己紹介
    このネタはずっと前に一度だけ見たことがあって、そして最近「自己紹介」というネタをよくやっているらしいという話は聞いていて、まさかあのネタじゃないよね?サーキットでかけて大丈夫なの?と思っていたのですが、まさかあのネタでした。でも「大丈夫なの?」なんて心配していたなんて恥ずかしくて言えないぐらいに良い出来でした。同じネタで、そんなに大きく変わっていないのに、不思議。
    なんとなく、このネタは普段の浜口浜村を知っていたほうが面白いような気がしていて、そういう意味では私はそこまで楽しめていないんだと思う。
  • 阿佐ヶ谷姉妹:親孝行
    近距離で見ると、歌声の響き方に気をとられてしまうのですね。
    姥捨て山のくだりがとても好きです。アクロバティック!
    「そっちもそうよ~」
  • チーモンチョーチュウ:医者とヒーロー
    チーモンは今年このような形のネタをやっているのを、いくつか見ていてそのどれも面白いなーと思っていたのですが、今日はまた格別でした。ちょっと集中力を切らしてしまうと置いていかれてしまいそうな構成だけれど、サーキットに来るお客さんにはそういうことを心配しなくて良いので、ウケも良かったように思う。ボケやツッコミのフレーズが面白いことはもちろん、どういう展開になっていくのかというワクワク感もあるネタは見ごたえがあってとても好き。
    わたしは去年テレビで白雪姫のネタを見たかったという思いがあるので、チーモンは今年も評価されてほしいなーと思っている。
    「ナビタイムだ!」
  • エレファントジョン:禁煙
    ネタをパターン化させているのに、ずっと飽きないというのは本当に飛びぬけて面白いからだと思います。面白かったなー。思い入れもなく、ひたすら面白かったコンビについては「面白かった」としか言えない。
    「何か入ってるんですけど!」
  • 囲碁将棋:チアリーディング
    2回戦でもちょっと詰まっていたけれど、今日もまた明らかに変な間があったけれど(ネタとばしちゃった?)その後もしっかりウケていて、そのウケで変な間のことなんて忘れてしまうぐらいでした。すごい。囲碁将棋はもう面白くて当然みたいに思われいる部分があって(そう思っているのは私だけ?)それで毎回しっかり期待を上回るネタを見せてくれるんだから天才だなって思う。
    「コアの部分を狙ってください」



  • 結果発表待ち
    OPであべちゃんが「最後にみんなが出てきてわちゃわちゃするんですけど、結局そこが一番面白い」と言っていたとおりに面白かったです。
    まだ結果を知る前に話をふられた馬鹿よ貴方はのファラオさんが「優勝狙ってる?」と聞かれて「まぁ、でも皆さんほどじゃないかもしれません」と仰っていたのが1位という結果を知ったあとに「本当はめちゃくちゃ優勝したい」と前言撤回していたのが印象的でした。それについてどう思ったか聞かれた相方のピカソさん*2「思ったより渋かったので良かったです!」「あべ:何の話?…柿かな?」
    阿佐ヶ谷姉妹が次回は大阪で出るとのこと。他に誰かと聞かれて、吉本所属芸人以外だと阿佐ヶ谷姉妹とモグライダーが大阪だそう。 「ともしげ:ぼくらと、ア阿佐ヶ谷姉妹がMGCで出ます!」NGKをMGCと間違えるって…。マセキ芸人コレクション…。
    昨年はチーモンがNGKで受けている。どうだったかと聞かれて「菊地:言われてるほどじゃなくて、あったかいお客さんでしたよ」『あべ:じゃあすっごいウケたんだ?』「菊地:(満面の笑みで)はい」このやりとり良かったなー。去年確かにチーモンはNGKでもしっかりウケていて、それを見てとても感動したんだよ。
    浜口浜村祇園祇園はNGKより厳しいとのうわさがある?囲碁将棋は過去に祇園で受けたことがある。「根建:京都はお客さん全員住職ですからね」「文田:出囃子が般若心経」
    床って思ったより固い



    サーキットが始まって、いよいよだな!と気持ちが盛り上がってきました。去年と同様でサーキットはみんな面白くて常に笑い声が絶えなくて、2時間弱ずっと笑顔でいられてとても幸せで楽しい時間を過ごせます。嬉しい。
    次回のお土産日清食品は何かな~♪

*1:TモンズとTンファー

*2:相方さんの名前が分からなかったので検索したのですが、公式プロフィールが見つからなかったので半信半疑でこの人だろうと書いています。間違っていたら申し訳ございません