読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若武者

久しぶりに若武者に行ってみました。
前に何度か行っていたときよりも、出演者のことを知ってる率が高くなったので、前よりも楽しかったです。もちろん知らなくても面白いというのが前提ではありますが。
でもやっぱり知ってるか知らないかっていうのは大きい。前日に普段見ない人達をたくさん見ていたこともあって尚更に。
 
結果を先に。
2ドドん(90)
3モグライダー(78)
4エル・カブキ(70)
5真空ジェシカ川北(72)
7ピレニーズ(67)
 
スパナペンチって本当によく支持されてるんだなーと思いました。
以下、ネタバレ含む感想
  •  前説:中川ごぼ男
K-PROのスタンプカードの抽選でどういうものが入ってるのか試してみたけれど、何度やっても地味なやつしか出ないので「もう一気に3枚」と3枚ひいたら、全部無料券(1番良いやつ)が出てきていた。あんまり反応無かったけどおかしかったな。
「知ってました?」とセイワさんに問いかけるしろうさん「何が?(セイワ)」
「三四郎の小宮くんって日本人なんですって(しろう)」ずっと韓国人だと思っていたけど、日本人っぽいことを言うなーと思って聞いてみたら日本人だった!と。
  • 真空ジェシカ川北:フリップネタ
相方のガクさんがインフルエンザのため出演出来ないということで、当初は企画だけの参加だったようようなのですがピンネタを。
ものすごく面白かったー!Sparkのピンネタ回を見に行ったときと、1番面白いと思ったのだけれど、また見てもやっぱり面白かった!フリップをめくりながら喋るんじゃなくて、めくってしっかり絵を見せてから「これはですね…」と説明しだすのが、こちらの想像力を試されてるようで、とても好きな感じ。もうずっと見ていたかった。
  • ごめんね漱石:母親の温もり
父子家庭の父親が息子に母親の温もりを与えるためにコタツとなって温めようとするというネタ。
ネコがくっついているのが可愛かった。
お笑いスカウトをしている人の前に現れたツッコミ達者な人。
この人はこんなにツッコミ上手で、お笑いに関心が無くて、一体何をしている人なのかなって思った。コントを見ていると、こういうネタの本質とは関係無いところに引っかかりがち。
  • 鬼越トマホーク:バイトを休む練習
前日に見たばかりだったので、新鮮味みたいなのは無かったけれど、やっぱりこの喋り方は好きな感じだ。
  • 真夜中クラシック:マザコンの合コン
お米をお土産に持たせて「2合で足りるって言ったんだ」というのが、いかにも母親が言いそうなことで面白かった。
  • ザ☆忍者:手品
こちらも前日に見たばかりだったけれど、やっぱり面白かった。少し変わってたのはネタ尺の問題なのかな?
首を刺されるところの大久保さんのツッコミがとても好き。
  • エル・カブキ:男性アイドル
エル・カブキのネタはいつも元ネタが分からないけれど、分からないということが面白いという感じなので不思議。ツッコミがものすごく気の利いた巧妙なことを言ってるわけでも無いので、どこがどうとは言えないけれど、ツッコミが上手いなって思う。
  • 中MC
ごめんね漱石が暗転板付で、コタツに入った状態から始まったんだけど、コタツに入ったまま這いつくばって袖から出てきていたらしい。「こだわりがあるのか、それかバカかどっちかやな!(セイワ)」
  • モグライダー:ともしげラーメン
モグライダーのことを久しぶりに見た。
前はもっとわちゃわちゃわちゃーっ!ってわけわかんない感じが強すぎてたけど、今は(と言うか今日は、なのかな)わけわかんないのは一緒なんだけど、それでも全体的にスッキリして分かりやすかった気がする。見慣れただけかな。
  • 笑撃戦隊:嘘つき
なんか、もうちょっと、こう、グッとくる感じが欲しかった。やりたいことは分かるんだけどー!もうちょっとー!という感じ。新しいネタなのかな。
おばさんキャラが鉄板なんでしょうか。何度か見たことがあるけど、やっぱり似合っていた。「いいことを言った感触がある」というのがとても面白かった。
  • ドドん:お坊さんアイドル
面白かったなー!全然内容覚えてないけど!
  • ピレニーズ:席を探す
よくあるヤバい人のコントかと思っていたら、後半に音楽や映画の趣向から降りる駅を特定という偏見混じりのくだりが出てきて、「よくあるやつじゃない!」と思い直した。そして私は偏見が大好きなので、そこがとても面白かった。
  • リンゴスター:注文
どういう展開に落ち着くのかというのが想像出来なくて、一度引き込まれたら見入っちゃうようなネタだった。
初夢のくだりがスッキリ分かりやすくなっていた!ちょっとしたことだけど、こっちのが断然良い!「せいぜいご機嫌のこと」というフレーズがとても好き。スパナペンチの言葉選びがとても好き。
  • ゲスト
  • 三四郎:将来の夢
おそろしいことに、キャンタマの話をしていたということしか覚えていない!
私は変わった名字なので経験が無いけど、普通の名前の人は自分と同じ名の有名人を検索するのか!そうかもな!
浜口さんも一緒になっておかしい側についちゃうネタのほうが好みなので(というかそういうネタのイメージしかない)このネタはツッコミに徹底してるなーと思っていたらオチで覆ったので嬉しかった。
  • 企画:セイワの部屋
セイワの部屋と題して、第二のセイワを見つけようという企画。
候補はスパナペンチ永田、ピレニーズ小島、ドドん安田、エル・カブキ上田、笑撃戦隊柴田。
「永田と柴田は分かるねん、ストイックってイメージある(セイワ)」
「でもお前は…」と上田さんを指す。
「ストイックっていうかトガりやろ?(セイワ)」
上田さん本人はそんな気は無いとのこと「トップやで?トガりの(セイワ)」
某テレビ番組でトガりを暴露された上田さん。
楽屋にいないのは本当なのか?と聞かれ「最近みんな静かなんですよ(だから楽屋にいる)」「トガってるというか病気なんです」
皆がワイワイしていると悪口を言われてる気がしてしまうそう。
ストイックさを測るためのセイワさんからの質問
「事務所から3月に会場の空きがあるから、お前ら単独ライブしろって言われたら、やるかやらないか?」
モリエールぐらいおさえといてほしいですね」と意欲的な小島さん。
上田さんもやる。
安田さんは「相方に相談して、いけるって言うならやります」
「でも準備期間1ヶ月とかやで!?(セイワ)」
「1ヶ月ぐらい寝なくても平気ですよ!(小島)」
この発言を聞き「いいねー!」と嬉しそうにするセイワさん。
すると柴田さんが「僕はやりません」と言い出し
「それもいいなー!」とやっぱり嬉しそうなセイワさん。
柴田さんとしては、自分達ぐらいの芸歴だとひとつひとつのネタがもう名刺代わりになるのに、準備不足で仕上がっていないネタをお客さんに見せるのは失礼だ、と。
「永田は?」と聞こうとしたところで、企画終了のBGMが…。
どうやら永田くんはあまり単独ライブに興味は無いよう。
他の人とのウケ具合とかと比較したい、みたいなことを言っていたので、ファンばかりの前で内向きな行為に時間を割きたくないということなのかな。
 
結果発表で、スパナペンチが1位で呼ばれ、しろうさんが「ネタ終わりにどうやった?って聞いたら残りましたって答えてたんですよ!」と。
「さすがに7位までには入ってるでしょ」と余裕な永田くん。そんな生意気なこと言って大丈夫とハラハラしかけましたが、そのあとすぐに「お客さんのおかげですね」と。
「急に媚びた!」「そういうのは言うんだ!」と野次られてました。
でもそういうの大事。