読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spark!【ZAKUZAKU】

人力舎若手の新ユニットライブが発足。新ネタをするということなので、見に行って来ました。

ユニットライブというものに慣れてないのですが、何だって初回はふわふわしてイマイチなんだろうなという偏見であまり期待せずに行ったのですが、これがとても面白かったです。ユニットのメンバーを決める為に3か月間かけてオーディションライブみたいなものをしていたらしいので、そうやって決めた精鋭だからこその出来なんでしょうか。出演者のことを(お目当てであるスパナペンチも含めて)あまり知らない状態で行きましたが、出演者側も割と「あまり知られていない」という認識で進めてくれていたのが良かったのかな。

なるべく通うようにしたいな、と思いました。

ほぼtwitterからの転載ですが、記録。

 -前説:ピレニーズ

前述のオーディションライブで惜しくもメンバー入りを逃したとのこと。

「3,4か月かけてしれっと混ざりこもうと思ってる(吉岡)」

「6組も7組も変わんないですよね?(吉岡)」

ユニット名の由来など。当初はZAKUZAKUスコッパーズだった。

-OP

オープニングVTRが作られていて、みんながわーって走っていて各コンビの寄りになってコンビ名が書かれるみたいな感じ。*1若さがあってかわいいVTRだった。

OPMCは最年長(らしい)サービスの井上さんが。

「本気出そうと思っています!(翁長)」「インベージョンが本気なら僕らは手を抜きます(ガク)」

翁長さんの発言を受けて、意気込みとか聞いてみますか?と。「え、今言ったのに?」な空気を出す翁長さん。なんとなくふわっとした空気になったところに「ちょっと永田の聞いてみましょうよ(高橋)」「意気込みとか言わないから(高橋)」*2

「そうですね…まぁ、この時間で(新ネタの)練習したいですね(永田)」

ユニットライブ発足1回目なので、今後のためにリーダーを決めようということに。

「全然僕やりますよ」とスパナペンチ高橋くんが名乗りでたのに、猛反対するフルパワーズ福永さん。「しっかりしてる感じだけどぉ、でも天然っぽいところもあるしぃ(福永)」とにかく高橋くんがリーダーになるのは嫌だと。

真空ジェシカ川北さんは相方のガクさんを推薦。みんな高橋くんになってほしい雰囲気なのに、ガクさんと福永さんの立候補も受け入れる。

仕方ないのでじゃんけんで決めることに。「りょうてつ絶対勝てよー!」と言われ「みんな高橋で良いなら高橋で良くない!?(高橋)」

福永さんが「でも熱烈におかしいなって思ってる人が(=福永さん)いるからあ!」

支持者が一人もいないのにとにかく高橋くんのリーダーには反対の福永さん「じゃあお前がリーダーになったら何ができるんだ?」と聞かれ「1番良い集合をかけられる!」「声大きいから!(福永)」

じゃんけんの結果、福永さんがリーダーに決まりました。*3

-ネタ

-フルパワーズ:グラビアアイドル

売れるためにグラビアアイドルになりたい福永さん。

Gカップ巨乳コンビの正統派漫才は興味あります。面白かった。

-モダンボーイズ:小人

小人の名前がアリエッティをもじっているということに気付かなかった自分が情けないです。長岡さんの家に現れた小人(類家さん)という設定だったのですが、途中まで長岡さんが一人暮らしだということが分からなかったです。少年の設定かと…。

-スパナペンチ:新年の挨拶

「あけましておめでとう」の意味について。面白かったなぁ。

「せいぜいご機嫌のこと」とか言葉の表現の仕方がとても好き。大喜利力かしら。

そんなにたくさんネタを見たことがあるわけではないけれど、見る度に良くなっていく傾向があるように思っていて、それはやる度に一番効果的な言葉を選べるようになるからなのかな、と思った。言いたいことというかやりたいことの面白さの具合が高いんだけど、最初おろしたときはそれを伝えきれてないのかなーとかなんとか。いや、面白かったんだけど、多分何度か見たほうがもっと面白くなる気がした。

-企画:福永と永田をマトモにしよう

前半チームと後半チームで企画を行って、投票で勝敗をつける。勝ったチームは次回企画で好きなことが出来る。

前半チームの企画は出演者の中で飛び抜けて華が無いとされてる福永さんと永田くん改革ということで、2人の勝負服をチェックして変えていこう!というもの。

福永さんは衣装のまんまで合コンにも行っちゃう「合コン行けるぐらいの服で舞台出てるってことですよ!(福永)」「めちゃくちゃ良い言い方してるけど(類家)」

2人には勝負服を用意してきてもらったので、それに着替えてきてもらう。

着替えの間にそれぞれの相方に2人の私服について聞き込み。福永さんはウンチク?こだわり?みたいのがある。永田くんはどうやらお母さんが買ってる服を着ているだけらしい。モダンボーイズの2人はオシャレ。

まずは福永さんから。「どうぞー」と呼び込みがかかったと同時にファションショーのようなBGMと照明が。ハードルが…。

出てきた福永さんの服装を見て「バードウォッチング行くの?(大内)」

ウインドブレーカーみたいな素材の上着?が「強盗犯みたい」などと酷評される。

ZARAだから!(福永)」「ZARAが可哀想(高橋)」「ZARAは客を選びませんー!(福永)」

福永さんの服装のポイントは「隙」。女の子が話してるのを聞いたところ(「聞いたんだね、話したんじゃなくて『話してるところを聞いた』(大内)」)オシャレすぎない隙のある感じが良いと言っていたから。

隙というかダボダボしてるだけ…?

色々と批評を受け「隙を無くせば良いんですか?(福永)」「んー、隙じゃなくてね、穴がすごいの(長岡)」もはや隙のレベルではないと。

客席からの声を聞き取り「キモなんとかって聞こえましたよ!」「キモちわるくない、かもしれないけど!」「キモいの可能性が圧倒的に高い!」1人で騒ぎ立てる福永さん。

客席に拍手で反応をうかがうも、誰も拍手をしない。永田くんとどちらが支持されるか対決にしようか?ということになり「敗色濃厚!(福永)」

永田くんのときも同様にBGMと照明が用意されており、複雑な表情で見守る高橋くん。*4

出てきた永田くんはやっぱり真っ黒。

黒(濃紺に見えたけど、黒って言われてたので黒)のダウンに黒のフリース(でも裏面は赤)に黒のロンT。

ダウンのフードをかぶっていたので、何で?と聞かれ「まあ、これで雨が降っても大丈夫っていう…(永田)」

永田くんは服を母親が買ってきているらしいという高橋くんからの事前情報を確認。「お母さんが買ってくるの?」「まあ、家にあるやつを…(永田)」

「お前の家は黒しか無いのかよ!」と言われ「まあ、俺には(黒しかない)…(永田)」

永田くんのときだけ、代わりの衣装が用意されており、何を着たら良いのか着せ替えをすることに。「なんで永田くんのときだけ!(福永)」「(福永さんに)ちょっとハケてて(類家)」

脱いでも黒しかでてこない永田くんを見て「超つまんねーマトリョーシカ(類家)」

ハットをかぶってみたところ、髪の毛の雰囲気も相まって中々良い感じに。

客席の反応が良かったので、福永さんに向けてガッツポーズを挙げる永田くん。

続いてスカジャンも着てみるも、上手く着れず「服も1人で着れないのかよ!(大内)」ときれいに着せてもらう。「お母さん!(類家)」

そのあとでピンクのダウンを着せられ、「自分で選んでみなよ」と言われ選んだのは黒のジャケット。結局黒。

でもハットが似合っているので、なんでもそれなりに見える「それ貰ったら?(長岡)」「あ、じゃあもらいます(永田)」

福永さんも色々試してみることに。不評だった上着を脱いで、星柄のパーカーを着ようとするも上手く着れない。「俺のときは誰も来ない!(福永)」*5

そもそも「中のシャツが悪い」と客席からの意見があり、元の服をほぼ脱ぐ羽目になる福永さん。そのシャツを脱ぐとインナーにしていた肌着(インナーじゃ無くて肌着)がすこぶるダサい。「下は評価に関係無いじゃん!(福永)」

パンツから微妙に見える白い布を見て「もしかして下はモモヒキ…?」と脱がせてみると全身真っ白に。おじいちゃんみたいな姿になっていました。「こんな芸人になるのやだ!(福永)」

結果永田くんは似合ってるので良いという評価を受けていました。

-ネタ

-インベージョン:エコ

オチで上手いこと言っていて、おーっと思った。オチがキレイだととても印象に残る。

-真空ジェシカ:ドキュメンタリー

余命1年の記録を撮ったドキュメンタリー。最初はどういう方向に進むのかよく分からなくてイマイチ?と思ったけれど、どういうことをしたいのかが分かってからはとても面白かった。左右で覚えようとするところが面白かった。

-サービス:芸能レポーター

坂口さんの女装が(とても簡易的なものなんだけど)結構リアルにいそうな感じでした。レポーター同士がデレるところが面白かった。

-企画②川北クイズ

真空ジェシカ川北さんの企画「川北クイズ」川北さんに関するクイズ。

「正解の場合にポイントですが、まぁ、皆さん芸人さんですから?面白かった場合もポイントがつきます(川北)」要するに大喜利だったんだけど、どこか暴露大会みたいになっていて、趣旨がずれていたような気がした。

最初のポイントは翁長さん。ポイントを付けるためのマグネットを探すも見つからない「無いならそれで良いじゃん!」とホワイトボードに貼ってあるマグネットも進められるも譲らない川北さん。やっと見つかったようで

「はい、修士1年でーす(川北)」知らない大学生の顔写真がホワイトボードに貼られ「4つ集まると、消えまーす(川北)」

途中「お客さんは見にくいと思うので…」と修士1年の拡大写真も用意されていました。あと0.5pt用の別の修士1年も。

クイズは「サービス井上の嫌いなところ」と「インベージョン小橋川の嫌いなところ」の二問ありました。

正解は「サービス井上の嫌いなところ」→「ネタが出来たことを果実が実ったという」

「インベージョン小橋川の嫌いなところ」→「股間に蝶のタトゥーがあるが、その周りからかぶれている」

ただただ川北さんの面白さしか伝わってこない企画でした。*6

-ED

企画投票の集計中にもし勝ったら何をしたいか?という話に。

「負けたチームの奢りで美味しいもの食べたい(福永)」それやって面白い?と聞かれ「面白くないとダメかー!」普通にしたいこと言っちゃったそう。

「青春映画みたいなのは!?(福永)」「永田が脚本してーみたいな感じで(福永)」「永田は青春経験していないから無理だよ(高橋)」

食レポとかぶらり旅みたいなことがしたいという意見も。*7

集計結果が出たということで発表に「じゃあ発表です!!ってなったら音がなるんで…(福永)」お客さんに説明しなくて良いことを説明しちゃう福永さん。

結果は僅差(26対29とかだったかな?)で後半チームの勝利。「お前のせいだよ!」「永田は良かったのに!」と責めたてられる福永さん。*8

 

次回は2/14とのこと。さっそく行けない。

*1:初期はねトびの雰囲気。

*2:しれっと永田くんをフィーチャーする高橋くん素晴らしい!いい男!

*3:大丈夫なのだろうか…。

*4:そう見えたのは私がスパナペンチ好意的に見てるからかもしれませんが

*5:さっき永田くんのお世話していたのは自分の相方なのに

*6:素晴らしい

*7:食レポは地獄の予感…。

*8:なんなの、この永田くん贔屓な世界は。