読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE MANZAI 2013 本戦サーキット

本戦サーキット4日目。祇園花月公演。日清カップヌードルラウンド。MCはヤナギブソンさん。

NGKのときは配布がなかった日清食品のカップメンが、今回は用意されていた。なぜNGKのときは無かったんだろう。どん兵衛が一番好きなので、どん兵衛がほしかった。

結果は、1位ウーマンラッシュアワー、2位千鳥、ということで。NGKと全く同じ結果に。関西公演は関東に比べると出演者が偏っているから、こうなることは予想出来ていたけれど、本当にその通りになるとビックリするものですね。ただ、見ていた印象としては全体的に僅差(接戦)なんだろうな、と思うので、そのちょっとの差でポイントが離れてしまうのは、とても惜しいですが、そういう大会ルールなので仕方がない。

全体的にあんまりウケていない感じでした。こういうのを重たいって言うんだろうなって思うような。座席の関係もあるかもしれませんが。あと、祇園花月は外にいるのかと思うぐらい寒かったです。なんで?

ネタバレ含む感想。

 -タナからイケダ:腹が立つこと

0番手。初めて見ました。「腹が立つことがあって~」という導入からは想像出来ない方向に進んでいって面白かったです。クイズが始まるところとかとても好きでした。本当ならタイトルを「せもいて」にしたいけど、それじゃ意味分からなさすぎて後から思い出せない気がする。こういう話のテーマになっている事柄と、ネタのメイン要素が食い違ってるようなネタはとても好きなので、もっといろんなネタ見たいと思いました。

-タモンズ:売れたい

トップ出番だとは!関東で見ていると、割と大波さんのツッコミフレーズ待ちみたいな空気を感じますが*1そういう感じが無くて、いつもならドカンとウケているようなところがあんまり響いていなくて「あれ?」という感じがありましたが、後半良くウケていた気がします。トップ出番だし会場の雰囲気も分からなくてイマイチだったかなーと思いましたが、終わってから振り返ると全体的にあんまりウケてなかったからタモンズは実はかなり良かったんじゃないかと。

-ハライチ:出されたら困る料理

2回戦で見たネタでした。ここで見るまでハライチがサーキットに残っていることを忘れていました。ということは残るもう1回に出るのか。途中しつこいぐらいに繰り返されるフレーズがあるんですけど、3回ぐらいでお腹一杯になってしまって、割としつこく繰り返すパターンは好きなはずなのに不思議でした。ニュースのところがとても好きです。赤く点滅したら終わらせる、っていう作り方なのかな。

-キングコング:輪唱

2回戦ではお互いのスキャンダルをいじりあってるうちに4分が経って帰っていって、キングコングはもうネタネタしいネタはしないのか!と思ったのですが、サーキットでは2回ともネタをやっていた。語弊があるかもしれないけれど、なんのことないネタなのに面白いって思わされるのは、面白く見せる方法(技術?)が高いということのように思います。だからこそ2回戦でネタをしなくても通れるんだろうな、と。

-アルコ&ピース:彼女ほしい

アルコ&ピースはこういう感じのネタ(メタっぽいネタ)をやる、ということを知られている中でやっぱり同じベクトルでネタを作るというのがすごいなって思う。違うことやったほうがいいかな、とか思いそうなのに。で、同じベクトルなんだけど違う感じのことやっていて、なんか悔しい。

-モンスターエンジン:自転車の練習

子供が出来たら自転車の練習をしたり~というネタ。NGKのときにやっていたネタはしゃべくりだったので、設定に入るネタもやるんだ!と思った。個人的にはしゃべくりのほうが好きだったかな。

 

-ウーマンラッシュアワー:相方紹介

関東の様子を見ていてサーキットでやる2本のネタを同じ形のものでそろえると、ウケが悪くなると思っていたのですが、ウーマンがそれを覆しくれました。単純に関西は2回のお客さんがかぶっていないから、ということなのかもしれませんが。構成というか展開の妙みたいなところで笑いをとっているわけではないから、ボケの1個1個が面白ければ同じ形だろうが何だろうが構わず面白いんだと。相方を紹介して、自分を紹介して、の繰り返しですけど自分を紹介するときのポーズが好きです。

-銀シャリ:騒音

出てきて開口一番「疾走感あふれる漫才でしたねー」「銀シャリもお楽しみください」と橋本さん。ツカミが素晴らしすぎます。漫才も面白かった。基本的にツッコミがくどいネタが好きなので、銀シャリはとても好み。お寿司屋さんのところが特に面白かったです。

-トレンディエンジェル:引退式

トレンディエンジェルでもこんなにウケないのか!と驚きました。いや、もう全体的にウケてなかったから笑い声は何の指標にもならないんですが、トレンディエンジェルはどこに行っても爆発的にウケるというイメージがあったので。何の心配もなく、当然のように面白かったです。

-インディアンス:学校の怪談

サーキット1回目を見ていてめちゃくちゃ面白かったので期待しまくりだったのですが、1回目と比べるとちょっと弱かったかな。というかトレンディエンジェルからの流れだとギャグっぽいやり取りのコンビが続いてしまっていて、こういう場合は出番が後のほうが不利だと思うので勿体なかった。誰がどうやって順番決めているんだろうか。わざわざここを並べなくても。

-テンダラー:スカウト、駅伝のタスキ

スカウトのネタの最初に「お笑いのスカウトってあんまり聞かないけど」と言っていたので、そういう設定なのかと思ったらアイドルスカウトみたいな設定で始まって、変な感じがしました。

 

-カーニバル:ブス

テーマを書くのが難しい。個人的な好みとしては女芸人さんがブスだからどうだこうだと自虐的なネタをするのは好きじゃないので、そうじゃないネタも出来るのになんでそういうのをするのかなーと思いました。これはかなり偏見ではありますが、関西の男性お笑いファンは女性芸人がブスなんだかんだのネタ好きなイメージがあるので、だからそっち方向に流れちゃうのかなーとか。

-和牛:結婚式を抜け出す

NGKのネタも理詰めで「あー、もううるさい!」って思うようなネタでしたけど、今回もまた。面白かったなぁ。言ってることは分からなくもないんだけど、淡々とした口調が怖い。なのに「好きだから」とか言うからもっと怖い。普段からこういう感じなのかな、フリートーク聞いてみたい。

-コマンダンテ:いたずら電話

NGKでやっていたネタと同じ構成で。なんとなく同じフォーマットで作ると面白さに優劣が出来てしまうことが弱みのように思っていましたが、どっちのほうが良かったみたいなのは無かった。面白いネタが出来たから同じ形のをまた作ろう!というのではなくて、汎用性の高いフォーマットを作った上でハメこんでいるのかな。それにしても石井くんはいくつ犯罪を犯しているんでしょうね。怖い。自分が関西に住んでいるか、コマンダンテが関東で活動しているか、頻繁に見に行ける環境にあったら追っかけているかもしれないな、と思いました。

-アインシュタイン:怖い話

ツカミでは絶対に顔のことに触れますが、ネタでは(NGKで見たネタも今回見たネタも)顔のことは全く使わないというのが良いなって思いました。泊まってるところが面白かったです。

-NON STYLE:熱血教師

2回戦はこのネタだったかな?そうでなくても好きなコンビの出来はよく分からないのに、こう何度も見たことあるネタだと自分の感覚は頼りにならないし、かといって客席のウケも分かりにくいしで、どうかなーといった感じ。

 

-相席スタート:生まれ変わったら

生まれ変わったら男と女どっちが良いか?というネタ。面白かったなー。私の印象ではウーマンを除けば、この日一番大きい拍手笑いをとったのは相席スタートの骨盤のくだりなんじゃないかと。前述しましたが、私は関西の男性は女性芸人がブスだと自虐するネタが好きだという偏見を持っているので、山崎さんの感じは好まれないかもしれないと心配していたのですが、そんなことなくて良かったです。結局一番ウケていたのは自虐的なフレーズですが…。

-えんにちジブリ

関東のサーキットでは2回のネタを同じような形でそろえた組が、2回目にウケが減っている傾向にあるような気がするので、えんにちは関東・関西と別れていて良かったのかもしれません。あんまり関西だからウケないっていう芸風でも無いですし。

-天竺鼠:木に引っ掛かったボールを取る

意味わかんなかったー!もう意味わからなさすぎます。面白かったですが。何かの設定をやらせて「やったことある?」「初めてだわ!」のやりとりはよく見かけますが、「初めてか?」は珍しい気がします。やったことあるわけないだろ!って。こう思い出してみると、LLRの東京タワーのネタを思い出します。意味分からなさが桁違いだけれど。

-学天即:無駄にポジティブ

学天即も2本とも同じ形のネタで。ツッコミがとても面白いなって思っているので、違うパターンのネタが見たかったな、と思わなくもないですけど賞レースを見に行ってるんだからそういうことを求めるのはワガママですかね。見たけりゃ普段のライブに行けば良い話ですし。「横にいる俺の説教が~」のツッコミがとても好きでした。面白いなー。

-千鳥:アドベンチャーゲーム

遊園地のアトラクションが面白かったから、ここでやってみよう、というネタ。千鳥のことはとても好きなんですけど、なんだかこの日はチューニングが合わなかったのかちょっといまいち…?と思っていたので、正直2位だったことには驚きました。(2位だったから自分の受け取り方の問題だと思っているだけで、そうじゃなかったら出来が悪かったと思っているだろう)選択肢がたくさん出てくるということで、通信販売のネタを思い出しました。

 

とにかく、全体的にウケが悪くて笑い声は指標にならないので他の順位が全く見当がつかない。

関東は2回戦もほぼ全組見ているので、サーキットで2本やったネタのどっちが2回戦でかけたネタかというのは把握しているけども、関西は全く知らないで見に行ってるのに見ていてなんとなくどちらが2回戦でかけたネタなのか予想がつくコンビが多くて(出来が違うから)THE MANZAIのサーキット(準決勝)で2本ネタをやらせるというのは、たまたま1本とびきりのネタが出来ただけでは認めないぞ、と言っているようだなと思った。

サーキットも残すところあと1回!個人的にご贔屓にしているトンファーの2本目が一体何をやるのかとても楽しみ。

 

*1:考えすぎでしょうか