読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE MANZAI 2013 本戦サーキット

本戦サーキット初日。ルミネtheよしもと公演に行ってきました。MCはあべこうじさん。

先に結果だけ記録。1位:風藤松原、2位スパナペンチ

サーキットを見に行くのは2度目なので、あんまり雰囲気がどうだこうだということは分からないのですが、でも通常のライブと比べてめちゃくちゃお客さんがあったかくて、で当然のように出演者がみなさん面白くて、こんなにとびきりの漫才をこんなにたくさん見れるなんてなんて素敵なイベントなんだ!と思いました。

順位予想をしようにも、みんながみんな面白くてめちゃくちゃウケていたので予想出来ないような状態でした。とは言え、例年笑いの量(ウケ具合)が結果に反映されているっぽいという話を聞いていたので、この2組が選ばれたのは少し驚きでした。いや、全然選ばれてもおかしくなかったんですけど、ちょっと例年とは違う方向から審査しているのかな?と思わされるような。

結果発表までの時間もとても楽しくて、M-1でのあのピリっとした空気が皆無で同じ漫才の賞レースなのにこんなにも雰囲気が違うものなのかと驚きました。お友達曰く日程によってかなり雰囲気は変わるらしいのですが、できれば全日程こういう雰囲気だと良いな。

そして今年からトップ出番の前に、2回戦まで残っていたコンビ1組が「0番手」としてネタを披露することになっていました。今日はボーイフレンドが。そもそもボーイフレンドがトップバッターに向いてる芸風(だと私は思っている。出てくるとパッと雰囲気が明るくなる感じとか)なので、トップ出番の人達はものすごくやりやすくなったんじゃないかなって思う。残りの日程も誰が出るのか楽しみ。

 

以下、ネタバレになるかもしれないネタ記録。

 -ボーイフレンド:ただしいヒゲの剃り方

とても面白かったです。2回戦とも違うネタ…だよね?「俺が可哀想だよ」というフレーズが好きです。

-三日月マンハッタン:昔話

このネタとても好きで、良いネタだなって思うんですけど内容的に初見が一番グッとくるのかもしれないなぁと思いました。だからってネタそのものの良し悪しとは関係無いんですけど。

-スパナペンチ:秋

2回戦とちょっと変わっていました。こうやってネタを変えた後に見ると「あれ、あそこのフレーズ好きだったのに」とか思ってしまう部分が1か所や2か所あるものなんですけど、そういう違和感が全く無かったし代わりに追加された部分がとても面白くて、どうなってるんだ!と思いました。見たことあるネタなのに、知っているネタなのに、展開にワクワクさせられるなんて。

-相席スタート:キラキラ組

2回戦のネタ!このネタとっても好きです。相席スタートのネタは、山崎さんの言ってることに山添さんが言い返せない…みたいな関係性ももちろん面白くて好きなんですけど、所謂こじらせ女子なのかと思わされる山崎さんが実は強がってるだけで…みたいな展開になるのはもっともっと好きです。それって相方が山添さんだからこそ成立させられる展開だと思うんですよね。

-笑撃戦隊:いちご狩り

こちらも2回戦のネタ。面白かったしウケていたけど大幅に時間オーバーしちゃっていて勿体無かったなぁ。本当ならこんなの区別つけられないわけが無いんですけど、間違え方がわざとらしくないというか。演技力の問題なのかな。

-インディアンズ:結婚

笑ったー!いやぁ、本当はこういうギャグベースのネタは好みじゃないのですが、そんな好みとか吹き飛ばすだけのパワーがありました。面白かったなぁ。また見れるのが楽しみなコンビ。

-S×L:図書館で注意

このネタ初めて見たときとかなり変わってるような気がしていたんだけれど、実はそれは私の記憶違いかもしれない…と思い始めてきました。違うネタとごっちゃになってる気がする。ファンに妙な呼称をつけるところが好きです。

 

-どきどきキャンプ:結婚式

面白かったなぁ。こういう形で進んでいくってもう知ってるし、何なら2回戦でも見てるんだけどワクワクして見てました。

-スパローズ:芸能人

「売れたい気持ちよりも~」のところが、ひどくて好きです。

-エレファントジョン:高校時代

エレジョンはいつ見ても、何のネタを見ても、何度目だったとしても面白いです。いやー笑いました。頭で考えるより先に笑っちゃうって感じです。

-オジンオズボーン

テーマが…何だったか思い出せない…。ものすごくウケていました!2回戦もかなりウケていたけれど、同じぐらい?ギャグをするときに妙な動きをしますが、それに一体何の意味があるのか分からず、多分特に意味なんて無いんでしょうけどもしかしたらそれが面白さの秘訣なのかもしれない!と思い付き、動きに関連性を見出そうとしたんですけどよく分からなかったので次こそ解明したいと思います。

-えんにち:ドラマ

あのキャラクターを「Vシネマが好きで」という設定にしたんですね。いつからなんだろう。2回戦のときは既にそうだった気がするな。えんにちを見てると、私って本当はダジャレが好きなのかもしれないって思います。

-ゆにばーす:峰不二子

「ツッコミの心を~」みたいなフレーズが好きでした。(好きだとか言ってうろ覚えという)

-囲碁将棋:欠点

漫才マンザイまんざいで見た「モテる方法」というネタの導入を変えていました。何で変えたんだろ。拡がっていった話が一回畳まれてまた拡がって…という展開が楽しいなって思います。0地点に戻るのかなって思いきや絶対に戻れない仕組みになっていたりとか。こういうことしてくれるのが囲碁将棋だよね!素敵!

 

-風藤松原:友達作り

テーマ間違えているかも…。風藤松原のこういう感じのネタを見るのはひどく久しぶりだった気がします。どうでも良いことなんですが、小学生という設定にしては口調とか会話の切り口とか(趣味は?とか聞きあう感じとか)が随分大人びてないか?と思いました。

-エルシャラカーニ:旅行

面白かったです。多分エルシャラカーニの漫才が好きなんだと思います。伝わらない…というか先に進まなさすぎて、小旅行先を1か所に限定したり強引に納得させようとするところが特に面白かったです。

-ブルーセレブ:デートの練習

このネタも何度か見てますけど良いネタですね。よくあるこういう感じのネタだと、「デートの練習をしたい」と言ったのに、その練習に付き合わされてる方がうまく出来ない(やらない)のでイライラして…みたいな感じだと思うんですけど、付き合わされてる方が「付き合わされてる」状態に徹底してるのが良いなって思います。

-なすなかにし

あー、テーマ忘れてしまいました。ベテラン風漫才。

-タモンズ:ラブストーリーは突然に

このネタってちょっと前のネタのような気がするんですけど、今年サーキットにかけるのか!と驚きました。いや、面白いネタですけどね。タモンズのことを見るのは久しぶりなような気がしますが、とても良い状態に持ってきていてこういう場にちゃんと合わせてこれるっていうのはズルいなぁって思いました。

-サカイスト:デートのお迎え

出てきた瞬間に、お兄ちゃんの髪形に度胆を抜かれて思わず驚きの声をあげてしまいました。何あれ…。サカイストのことはもう何度も見ていますし、服装の奇抜さなんかも分かっているつもりでしたが、びっくりしました。

-流れ星:自衛

設定の入り方が「たるんでるから自衛隊にでも入ろうかと思って~」みたいな内容で、それって「運動不足だから巨人軍に入ろうと思う」と同じような発想だと思うんですけど、ここではそのことは一切違和感としては扱われていなくて、どういう人が発言するかということも大きな要素なんだなって思いました。

 

結果発表までの間に、ギャガーの方々が色々やって盛り上げていたりして非常に楽しかったです。これは文字では表現出来ないから惜しいなぁ。とにかくインディアンズの方(お名前分からない…)が活躍していました。事前番組の収録の後に、オジオズの篠宮さんと流れ星のちゅうえいさんが「あいつ連れて行こう」と行って3人(+スパローズの森田さん)でギャグについて語ったとか(笑)

相席スタートが「なんで2人はコンビ組んだの?」と聞かれて、山崎さんが経緯を説明していたんですけど、それがカップルの馴れ初めを語っているようなテンションでやたら可愛らしかったです。あべちゃんがネタであった「前髪切ったの?」のくだりをふったら、「そうなんですぅ~」とネタ以上に照れた様子で前髪を触る山崎さんが!かわいすぎました!「お笑いのボケとかツッコミとか分からない」という発言を聞いてからというもの、平場での山崎さんの一挙一動が笑いの為のそれではないというように見えてしまっていて、そうなるとひたすらに人間的魅力に惹かれていくばかりで。見る度に山崎さんのことが好きになります。

個人的にはあべちゃんが、スパナペンチの永田くんを話題にして前に出したことで、恒例の永田くんいじり(?)が始まったところがテンションのピークでした。「靴が汚い」と言われてるのに靴を見せようとしないから「脱ぎなさいよ」と言われ、脱ぐも自分で持ち上げようとしないから「上げなさいよ」と言われ。次の話題に移ったら靴を履きながら片手間にあべちゃんの問いに答え…。素敵すぎるよ!永田くん!

「友達と遊んだりとかするの?」「無いです(即答)」とか「普段何してるの?」「…マリオカート…」とか「じゃあもし免許とったら、この中の誰とドライブ行きたい?」と聞かれてぐるっと周りを見渡した上での「いないです」とか!

あとこういう時に学生芸人だってことを話題にしないのも良いなって思いました。まぁそれは本当は卒業している年齢だからってこともあるのかもしれないけれど…。

ともあれ、まさかサーキットでこんなにスパナペンチ充出来るとは思わなかったので、MCのあべこうじさんに感謝感謝です。

 

次は大阪NGKでトンファーです!楽しみ!