読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Schedule Live Tour"PLACE2012"@札幌DUCE


初めて北海道に行きました。
オープニングアクトとして、札幌のバンドなのかな?C.I.Projectというバンドが演奏していました。
オープニングアクトというものが初体験だったので、どういう感じなのかなーと思っており
演奏が始まって、盛り上がる会場の様子を見て「札幌では有名なバンドなんだろうな」と見ていたのですが
私の隣でものすごくノリノリでだった方が、演奏後「初めて知ったけど、どの曲もすごく良かった!」と言っていて
そのノリの良さに思わず尊敬の眼差しを送ってしまいました。素敵。

  • グッドモーニング
  • エイリアン
「1,2..1,2,3,4 フー!」の掛け声で。
  • グッドタイムコミュニケーション
名古屋と同じ部分の歌詞をとばしていたけれど、意図的なものなのか?と思わず勘ぐってしまった。
  • 幼なじみ
「みんなのサウスケへの愛が伝わってきます。」みたいなことを言った後で「その愛を止めないで」
  • その愛を止めないで
  • さらばピニャコラーダ
  • コモリウタ
  • 僕らの行方
  • 僕らの足跡〜はじめのいっぽ〜
「ここからは部活のノリでいきますよー(大石)」と言っていたのは、跳ね続けて体力の限界を迎えるから…ですよね?
  • 言葉以上に
  • 君という花
「僕らと札幌をつなげてくれた曲です」と 合唱の後で「もう絶対解散せえへんからー!」という大石くんの言葉があって、もう泣いちゃいました。もう。

  • 結末のない二人


アンコール
  • スマイル
グッズ紹介。名古屋と同じく沖くんがアシスタント的に商品を掲げて見せており
いちいちポージングするもんだから「これ沖くんの可愛さアピールする時間ちゃうよ(大石)」とツッコミが。
すると客席から「かわいいー!」の声が上がったのにも関わらず「もう33にもなって可愛いって言われても…(沖)」
  • エピローグ
  • 同じ空の下で

アンコール
  • コンタクト



オープニングアクトがあった分終演時間が押すのかな?と思っていたけれど、MCがかなり少なめでギュっと演奏するような感じでした。
それにしても札幌は会場にいる人全員がノリノリで、自分は普段はちょっと周りの反応を見つつ徐々にテンション上げていくっていう感じなんですが、もう最初っから全開で楽しんでしまいました。ふとした瞬間に自分しか腕を上げていなくても、気にせず拳を突き上げ続けれるぐらいでした。すごく楽しかった。札幌まで行って良かった。