読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITI VS ゆったり感48

トンファー LLR

ITIのライブも、ゆったり感48のライブも行ったことが無かったのですが、トンファーがセンターということなので意気揚々と見に行ってきました。非常にゆったりしたライブで「本当にVSライブ?」と思ってしまうぐらいでした。
3組ずつネタを披露して、面白かったコンビ何組にでも投票できるというシステム。5分ネタという設定だけれど、時間オーバーしても強制終了や減点は無いとのことでやりたい放題(笑)
MCにエリートヤンキー。エキシビジョンマッチとして、ゆったり感とLLRが対決。
福田さんが井下好井の井下さんのファンらしく「いのくーん☆」と手を振るというノリを何度も繰り返していました。それを非常に鬱陶しそうにする井下さんが面白い。福田さんもそういう反応が面白いんだろうな、と。
あと井下さんが客席に向かってツッコむという(暴言を吐くという)ことをしており、それが非常に面白かったです。口の悪さが堪らなく面白いと思います。すごく良いキャラクター。

以下感想
  • タモンズ:ボクシング
ダイエットのためにボクシングに通おうかな、という入りだったはずなのですが、後半にボクシングをやろうと思った真の思惑が分かるという、謝罪会見のネタに似たような形でした。
本人も仰っていたのですが、かなり序盤のボケがハマらなかったことで安部さんが見るからに失速していって見せ場であるはずの部分で全然声が出ていないという…。タモンズは安部さんのネタ飛ばしが無くなってから見違えるように面白くなったと思っているのですが、やっぱり安部さんの調子次第でかなり印象が変わってしまうんだな、と。まぁあれだけ見るからに失速していれば当然なのかもしれませんが。
  • 笑鷺:メモリーポーズ
まさかの2組続けてグダグダになるという。
これもやはり本人も仰っていたことですが、普段は阿部さんがかなりしゃべくり倒すというネタなのに、このネタは濱口さんが主軸で喋って阿部さんをイジるというような形で、肝であるはずの濱口さんがどうもハマりきらなかった様子。
調子が良いときはとっても面白いコンビなので、残念でした。
  • 井下好井:子供の名前
DQNネームをイジるというネタですね。このネタを選ぶところが本気っぽいなと思う一方で、きっとここに来ているお客さんはこのネタを何度も見ているだろうに、なぜこのネタにしたんだろうと思いました。
このネタを見るのは久しぶり…というわけではないですね。新進気鋭で見ました。
私はどうも山本さんに目がいきがちで、あの飄々とボケていく感じがとても好みだなと思っているのですが、今日このネタを見ていて渡辺さんも面白いなと思いました。どこがどう、とはハッキリとは言えないのですが。 定食屋をやりたいと言っていたはずなのに、カフェに話がすりかわっているという。
なんかすごく気に入ったフレーズがあったはずなのですが、すっかり忘れてしまいました。
  • トンファー:じゃんけん
えっ、このネタ?と思いましたが、久しぶりに見たからなのか見慣れたからなのかテンポがゆっくりになっていて見やすくなっていた気がします。要するに面白かったです。
同じ日におろしていた次週予告のネタがすごく良い!と思っているばかりに、このネタの印象があまりよくなかったのですが改めて見ると面白い漫才だなと思いました。細かいことを気にしすぎですね。よくない。


  • ゆったり感:英将体操
ラジオ体操のネタ、これはいつどこで見たんだっけか…。
なんかもっと良いネタがありそうなのに、なんでこのネタなんだろうと思いました。
「なんでこのネタなんだろう」と思うコンビが多くて、これはVSライブと言えども真剣勝負ではなくてイベントなんだなと思わされました。 しりとりをしていたはずなのにイカについて語り始めるというネタ。
部分的に他のネタでのフレーズなどを用いていて、このネタはいつ作ったんだろう?最近の感じと全然違う?とモヤモヤしていたのですが、実は中村さんが書いたネタなんだそう。なるほど、そういわれると妙に納得。


メイン対決はゆったり感48の勝利。
エキシビションマッチで、ゆったり感が負けると全員のギャラがLLRのものになるというルールを、結果発表の直前に聞かされる一同。そして蓋を開けるとLLRの勝利という。
当然ゆったり感が責められるのですが、そもそも投票したお客さんが悪いという主張をする中村さん。「お前ら今日からゆったり感48だ!」と仲間に入れてもらえちゃいました(笑)明日ネタ見せがあるそうです。厳しい!