読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オープンスペース 試練の漫才五番勝負!


行くか行くまいか、ずっと迷っていたのですが、やっぱり気になると思い行ってきました。
正直なところ、メインであるオープンスペースにはまだあんまりハマっておらず、完全に対戦相手を目当に行っていたので、感想に偏りがあります。ご了承ください。


MCにロシアンモンキー、各コンビ呼び込んで軽く紹介した後「オープンスペースの登場です!」となり、仰々しい音楽が流れるのですが、なかなか現れない。すると、客席扉が開いたので「そこから出てくるパターンか!」という雰囲気になったのですが、普通にお客様が入ってきただけという。
そこからしばらく音楽がなり続け、でも出てこず「長くない?」という声が一通り挙がって、まだかよ感が出た頃に客席扉から登場。結局そこからの登場なのね。
自分達メインのこういうイベントは初めてだそうで、どうやら緊張している面持ちの砂金さん。

勝負ということなので、一応客席に投票用紙が用意されていました。そこには「2番目と4番目はオープンスペースが後攻」と書かれていたのですが、行き違いがあったのか順番が逆になっていました。
全ネタが終了してから用紙を回収・集計して、エンディングで全ての勝負の結果を発表するという流れでした。

対戦の合間には本当に軽い中MCがありました。と言っても2分ぐらい?

  • トンファー:次週予告
あんなに待ち焦がれてたのに、連続で見ることになるとは(笑)いや、嬉しいんですけど。
一番手だったのと、何しろ客数が少ないからだと思うんですが、思ったよりウケていなくて残念。すごく良いネタなのにー。
小浜さんがニコニコ揺れているところが好きです。
出てきてすぐに「お待たせ!」とかブタ鼻とか、オープンスペースのおきまりの諸々を真似て「全部やってやりましたよ!」と、してやったり感たっぷりの2人。
「水入らず」が言えない小浜さん。
  • オープンスペース:散歩番組
トンファーが先にやってしまったおきまりの諸々を、再度やってみせて「これが本物だ!」と。
ちい散歩みたいな散歩番組がしたいというネタ。初めて見ました。
面白いな、と思ったダジャレ的フレーズがあったんですが、忘れてしまいました…。

  • オープンスペース:彼女ができた
続けて出てくることに慣れてないのか、変にニマニマして出てくる2人。
彼女が出来たなれそめを話す、というネタなのですが私が思っていた方向とは違う感じに進んでいきました。
  • タモンズ:国民的漫才師
お決まりの「始まるよー!」の前に色々自分達を紹介するようなことを言うのですが、それを訂正されていく…というネタ。私は初めて見ました。
最初は、ただの安部さんのアドリブなのかなと思うのですが(変な前フリをつけていることが)、そこがもうネタなんだという。タモンズを初めて見るという人だったら、より一層騙されそう。
タモンズに限らず、お決まりのフレーズというものが苦手なのですが、「俺もついに神の領域に〜」なんて悦に入っている安部さんの様はやはり面白いです。
見たことがあるネタだったので、多分漫才広場でやっていたネタだと思います。
その時も、彼らにしてはあまりウケていないなと思ったので、また見る機会があるとは思わなかったのですが
  • オープンスペース:SP
三銃士でやっていたネタですね。
三銃士で見たときのほうがウケていたような気がしますが、お客さんの数の問題でしょうか。
  • オープンスペース:ペット
癒されたいという話題からペットを飼えば?→ペットショップの話題に。
漫才広場でやっていたネタですね。
  • 囲碁将棋:理想の結婚相手
以前は野球選手で統一されていたものが、格闘家で統一されていました。
このネタの、「それできるの日本で○○しかいない」というような部分の狭さが囲碁将棋らしくて面白いなぁと思います。

  • LLR:顔さされたい
もう何度も見ているけれど、すごくネタ時間が短く・テンポが良くなっていて今まで見た中で一番良かったんじゃないかというぐらいでした。
あのしつこい感じが良いと思っていたけれど、そんなことはありませんでした。
  • オープンスペース:カスタマイズ
漫才をカスタマイズしよう、というネタだったはずです。
最初のネタと、このネタは見たことないネタだったのですが、全部新ネタでやるというわけではなかったんだな、ということが意外でした。


集計中に、手ごたえなんかを聞くことに。
正直、何勝していると思う?と聞かれて「1勝は…」と答えづらそうに答えたところ、当然「それは誰?」ということを問い詰められ、更に答えづらそうに「…囲碁将棋…」と。
しかし本人達も納得の様子の囲碁将棋。「スベった」「そんなことないやろ」というやり取りの後、「スベりましたよねぇ!?」と客席に問う文田さん。そんなこと客席に聞かれても…。
ちなみに、一番自信のあるネタは2番目(対タモンズと)のネタだそう。「え?つぶしにきたってこと?(大波)」

で、結果は
  • 対トンファー トンファーの勝利
1票差での勝利だったので(なんと総票数は35票というなんとも少数精鋭なライブでした)勝ったけれどもなんだか恥ずかしそうにするトンファーの2人。しかし「今日はボケないでくださーい(川口)」と止められてしまう。
  • 対タモンズ タモンズの勝利
これは10票ぐらい差があったと記憶しています。多分一番票に開きがあったんじゃないでしょうか。 実は自分達もウケていなかった、と申告するトレンディエンジェル
  • 囲碁将棋 オープンスペースの勝利
でも1票差だったんじゃなかったかな? 自分は全体を通してLLRが一番ウケていたと感じたので、圧勝だろうなと思ったのですが10票も開きが無かったことが意外でした。私が笑いすぎてただけ…?
LLRが負けていればオープンスペースの勝ち越し(しかも先輩勢が全員負けている)という結果になるところだったこともあり、LLRの勝利を告げられた瞬間大袈裟に喜び騒ぐ囲碁将棋とトレンディエンジェル(笑)
「やったー!さすが兄さんっすわー!!(文田)」
福田さんはネタの3分ぐらい前に到着したんだとか*1で、なるほど、だからあのネタだったのか…と。


負けてしまったけれど、僅差だったので頑張りを讃えて次の漫才協会本公演に出演することが認められていました。

*1:このライブがあることが伝わっていなかったらしい