読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Maseki Geinin Collection 2012春

POISON GIRL BAND

これは恒例のライブなのかなーと思っていたら、今回から始まったライブなんだそう。
マセキのライブは行ったことなかったのですが、ポイズンが出るということで行ってきました。
  • あきげん:ドライブ
「ドライブが趣味だとかっこいい」「だからちょっとやってみるからお前はカーナビやって」という、漫才の中でなければ成立しないような会話の切り口から始まりました。
ツッコミの方を誉めているようでイジっていて、それを蒸し返す…というようなことを繰り返していました。すごく上手いっぽく見える、と思いながら見ていました。
  • 狩野英孝:殺し屋
今「狩野英孝」という文字がなかなか変換できなくて非常にイライラしました。
自らを殺し屋だと意識している害虫駆除の方のコント。
私は最近そんなにテレビを見ていないので、彼が今どういう感じなのか全く存じ上げていないのですが、テレビスターとしてそれなりに成功しつつあるんだから、わざわざ(おそらく得意ではない)ネタをしなくても良いんじゃないかな、と思いました。
  • トップリード:お弁当
旦那さんに作ってあげたお弁当を渡すのを忘れてしまい、追いかけて届けようとするけれど追いつかず、蕎麦屋さんに預け、蕎麦屋さんは郵便屋さんに預けて…というネタ。
すごくキレイでした。丁寧にネタを作っているんだろうな、と分かるような。
  • 磁石:不動産屋
優しい男の人の例として「肩のゴミをとってあげるとか」と言っていて、そんなの優しいにカウントされないよ!と思っていたら、直後のボケのためのフリだったようで磁石はボケを先行してネタを作っているんだなと思いました。
ネタ全体も、前半部分のある発言がフリになっていて、それをイジって(?)後半につなげてくる…というようなことをしており、なんとなく大枠の考え方は先のあきげんのネタと似ていたのかな?と思います。が、磁石のほうが圧倒的に上手くて面白かったです。 転校初日の出欠確認のコント。私は初めて見たのですがどうやら鉄板のネタのようですね。面白かったです。
騙されてパワーストーン系のものを買ってしまった人のコント。
何かツッコミのフレーズで気に入ったものがあったのですが、忘れてしまいました。すぐメモしないとダメだな。 もう何度も見たネタなので、圧倒的な感動とかは無かったですけど面白かったです。
喪主の挨拶のツカミは何度も見ていて分かっているのにいつも笑ってしまう。
  • ニッチェ:合否発表
大学に落ちた子と、ミュージカルの学校に受かった友人のコント。
ニッチェのことはそんなに何度も見たことがあるわけではないのですが、数回見たネタがどれも不自然なメイクを施しているネタで、これって必要あるの?と思っていたのですが、「ミュージカルの学校に受かって」という設定のおかげで違和感なく見れました。
コンクールに出す作文を偽装しているだろ、と問い詰める先生と生徒のコント。物語がすごくよく出来ていたし、面白かったです。
しばらく「お疲れしてるなー」というフレーズが頭から離れませんでした。
槇尾さんの「深入りしたからこうなった!」というフレーズもまた。
  • Hi-Hi:温泉に行きたい
実は彼らを生で見るのは初めてかもしれない。
途中で入ってきたお客さんをすぐイジる反応の速さにさすがと思いました。 すごく演技が上手い!という点に驚きました。ちょっと本当にトチったのか?と勘違いしてしまいました。(そんな勘違いをしたのは私だけかもしれませんが)
ホームチームのネタは見たことありましたが、ピンになってからは初めて見たので大分印象が違いました。
  • ナイツ:漫才をやってみる
もう、すごかったです。圧倒的すぎました。
「漫才をやってみましょうか」という提案はもちろん、それを受けての「仕切りなおしただけですよね」というツッコミワードまで、「うわーー!!!」と、もう感動しました。
それを繰り返していく感じとか、こちらのワクワクを誘う手口が絶妙で。ナイツのネタもまた漫才全体の中でフリをつくって、後半に繋がっていくという感じだったわけで、単純にそういうパターンの漫才が溢れかえっているんでしょうけれど、あきげんも磁石もナイツも大枠では同じような系統のネタ構成だったのかな、と。そしてもうナイツは圧倒的でした。磁石を見た時に「あきげんより、圧倒的に上手!」と思ったけれど、それ以上に圧倒的にナイツが上手かったです。これは好みの問題かもしれませんが、私には圧倒的にナイツが上手かったです。
お目当ではない芸人さんのネタにここまで心奪われるということが、かなり久しぶりで、やっぱりナイツはすごいんだなと改めて認識。