読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫才広場SP


普段はシアターDで21時から行われている「漫才広場」が「漫才広場SP」としてシアターモリエールにて、19時から開催!ということで、何がどうスペシャルなのか分からず行って来ました。(そして終わった今も尚分からないまま)
今回のMCはガリットチュウでした!熊谷さん!お目にかかるのがかなり久しぶりで、かなりテンションあがってしまいました。要所要所(特にエンディング)での一言一言が非常に面白いです。
熊谷さんのフレーズを残したいがためにレポを書き始めました(笑)
一応ネタ記録も。


  • Vステーション:キラキラネーム
  • ざしきわらし:生まれ変わったらなりたい顔
  • あわよくば:獣医
  • 田畑藤本:恋愛フローチャート
前半部分でちょっと「ん?」と乗り切れなかったのですが、後半がすっごく良かったです。東大(インテリ)キャラがどんどん削がれていって、どんどん面白くなっているように思います。
  • ボーイフレンド:テンション上げる
  • ゆう太だい介:恋愛の手助け

中MC 割と最近実家(母方の実家?)に帰ったらしい熊谷さんのほっこりエピソード。
「面白くない?…とか自分で言っちゃった!

  • 山田カントリー:デートの失敗を見つけて
  • サヨナラダンス:占いを取り入れる
  • ダイタク:キャラ選び
双子というキャラがあるけれど、個人毎でのキャラが必要!ということでお互いキャラを選ぶことに。
すごく、面白かったです。見るネタ見るネタ良くて圧倒されます。「だから弟なんかに生まれたんだよ」というセリフはしばらく忘れられなさそうです(笑)
  • パルパティーン:コンビ名
  • オープンスペース:車の事故

中MC 最近、自己啓発本にハマってるらしい熊谷さん。
「歳とったなー」と思うのが「20代のうちに〜」というタイトルの本を見た時。「もう30代なんだけど…!」と思うそうで「(客席に向かって)読んどきなー?」

  • エレベーターマンション:カニ
大塚さんのツッコミですごく笑ったフレーズがあったのですが、すっかり忘れてしまいました…。 神野さんが、デザイナーになろうかなと言い出すというネタ。ラビッツもここ最近どんどん面白くなっている印象。単純にこれまで見る機会が無かっただけでしょうか。
神野さんがお客さんを「お前」と呼びつけるというのは毎度のことですが、今回はそれに増してファッションチェックをするという(笑)的を得ているかは別として、それっぽいことを仰っていたので前列に座っておけばよかった…と思った瞬間でした。
くだらない!くだらないよ!
トンファーのネタは割と「わーすごい、面白い!しかもよく出来てる!」と思うことが多いのですが、このネタはとにかく、どこまでもくだらない。こういうくだらないものを、ちゃんと漫才にされちゃうと…困っちゃいますね(笑)

エンディング
一通り告知の後、タイムオーバー上位3組を発表。(1位は罰ゲームがある)
告知にて、9期(山田カントリー、サヨナラダンス、エレベーターマンション)VS12期(パルパティーン、Vステーション、ラビッツ)というライブがあったのですが、メンバーを一通りみて「んー?12期優勢?(熊谷)」なんて純粋で残酷なジャッジなんでしょうか…。今日のウケ具合は確かに13期が勝っていたかもしれませんが…熊谷さんのこの発言を受けて会場も沸いていた、ということは記録しておきます。

3位:Vステーション…名前を呼ばれ、「トップ出番だったので」との言い訳を。まぁ確かに、トップ出番の人は最初ちょっと時間が必要な気がしますが…Vステーションがそうだったのかどうかは(笑)割と長くなりがちなコンビという印象です。

2位:タモンズ…ネタの時に登場一番お決まりの「はじまるよー!」を叫んだのですが、客席の反応があまりにも悪かったので「…決まりなので(安部)」と言ったことにより「皆さんが悪いんですよ(大波)」「耐えてくれないと(大波)」というようなやりとりが始まったのが原因、とのことで。
皆が見ている場でもう一度「はじまるよー!」を実演。しんとする客席(笑)
袖で「始まるかな?」と言ってから出てきては?ということになり、もう一度。そこでやっと少し笑いが起きる「これでも笑ってない人は何!?」と責められる(笑)

1位:山田カントリー…ネタ中に山田さんがなぜか浅井さんの顔にハマってしまったらしく、ネタが中断してしまったことが原因?舞台上の芸人から総攻撃を受ける山田さん、イジられればイジられるほど荒れていく様にちょっと引いて…ごにょごにょ。
顔をしかめる山田さんをみて「ジャニーズじゃないんだからね!?(熊谷)」「かっこいいんだったらいいけどさー(熊谷)」と毒を連発(笑)
「お客さんだって山田じゃなくて他の人喋ってほしいーって思ってるよ(熊谷)」
(先輩である)熊谷さんを叩く、というノリを何度か繰り返す山田さんに「ジャニーズのノリ持ち込まないで(大波)」「ジャニーズ批判じゃないよ?山田がジャニーズに影響されてるからさぁ(熊谷)」
熊谷さんがこんなにズバズバ言うのは初めて見たかもしれません(笑)いや、まぁ熊谷さんなのでとても優しいやわらかい口調で仰っていましたが。
「俺、漫才広場大好きなんですよ」という山田さんに対して「漫才広場側はそうじゃないでしょうけど」とツッコむ山西さん!

罰ゲームはなぜかオープンスペースの砂金さんが受けることに。ケツキックだったのですが、痛そうでした…。



トンファーがもう、そろそろ面白くないネタを見せてくれてもいいんだよ?と言いたくなるぐらい、いつもいつも面白くて幸せです。
12月も開催予定だとか。毎月毎月トンファーの新ネタをありがとうございます。





そして少しばかり愚痴。
漫才広場は沢山の芸人さんの漫才を一気に見れるので、とても好きなライブです。何より今私の中で一番熱いであろうトンファーの新ネタを見れる場ですし。
なので、今日のライブでネタ中のお喋りが過ぎる方々に囲まれてしまい、このライブの本来の楽しさの半分も楽しめなかったんじゃないだろうか…と思われるのがとても悔しいです。
ループするネタの時には「くるよ、くるよ」と要らない煽りを入れたり、「そのキャラは嫌い」というツッコミフレーズに対して「えー私は好きー☆」と言ってみたり、ちょっとした仕草にいちいち「かーわいいー」とか…。思うのは自由ですけど、それ声に出して言わなきゃいけないんでしょうか?と。その言葉で芸人さんの声が聞こえなかったりして、非常に残念でした。
個人的な、勝手な思い込みなんですが…ライブ開始前に前説などで注意が促されないのは、この手のライブ(超若手ばかりが出演者のライブ)に来る方はライブ慣れしてらっしゃってマナー面では、言わずとも当然守れると判断されているからなのではないでしょうか。好きな芸人さんのネタ中の言葉が聞き取れなくてガッカリした経験なんてないのかな。
まぁ、こういうことがあっても、ブログに愚痴を綴るのではなく、その場ですっとスマートに注意出来る大人になりたいものです。