読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファンによるファンのためのお笑い雑誌「fan*fun」Vol.2

お笑い

punch_lineさんが編集鳥(編集長)となり、始動したファンによるファンのためのお笑い雑誌「fan*fun」の第2号が発行されました!
今回は「若手コント師特集」ということで、コント好きな皆さんが熱く語っております。

皆さま、是非チェックを!→ファンによるファンのためのお笑い雑誌「fan*fun」Vol.2
※雑誌全文を読むには有料(300円)となります。
今回は、なんとあのうしろシティのインタビューが掲載されています。
自分自身は片手で数えられる程度しか拝見したことがないのですが、インタビュー内容は「ほえー、なるほどー」と思える面白いものでした。ファンならずとも要チェックです。
加えて、よしもとファンの方にはお馴染みのカメラマン安川さんのインタビューもあり、こちらは写真(撮影)というお笑いの主軸とは少し違ったジャンルから見た芸人さんの姿が語られていて、これまた面白いです。売れる芸人さんというのは被写体としてどう写るのか…みたいなところで。いわゆる「華がある」「華がない」というところについてのプロの意見が。

個人的には完全に漫才贔屓で、コントについてはあまり考えたことが無いので皆さんの意見がとても新鮮で、ここで語られたコント師さんのネタを今後見る時にはこれまでとちょっと違う感覚で楽しめそうです。
なかなか、自分の興味のある方以外のことについて熱い想いをきく機会って無いので、媒体としてかなり面白いものだなぁと改めて感じています。
お笑いファンの中でも、語ることが好きな傾向にある人達の中で、誰が人気なのかというのが一目瞭然というあたりも面白いです。「ファンによる」という醍醐味ですよね、この人が人気だからこの人を取り上げよう、というのではなく人気があるからより語られるという。
そういう意味では自分のご贔屓芸人さんがいつ取り上げてもらえるのか、待ち遠しいです(笑)

次号は漫才師特集とのこと。