読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちょっと気になる芸人さん「黒蟻」

お笑い

「黒蟻」というコンビが気になっております。
と言うか「気になっております」の状態がずっと続いているコンビであります。
が、ここにきて好きになっちゃいそうな予感がビリビリきています。
好きになると、とりあえず検索かけまくって情報収集に燃えるのが通常のパターンなのですが
割と若いコンビということもあり、なかなか情報を得られずモヤモヤさせられています。
そしてこの情報の少なさに「ブログに書かなきゃ!」という気持ちにさせられ、こんな記事を書き始めた次第です。
とか言って自分のためのメモのような感じですから、既にかなりファンという方が見ると失礼な内容かもしれませんがお許しください。

ちなみに、ばちーんんんSTEPに出演していたのですが、本日昇格が決定したようです。
ここ行ったり来たりしているんでしょうか?そこらへんも全く知らず。

最初に見たのは昨年の7月末日「ミッドナイトバトル11期VS14期」というライブに行った時で、その次に見たのが1月の若武者というような状態。
ちなみに若武者で見た時ブログでは
黒蟻というコンビはとんでもなく可笑しくてくだらなくて。以前見た時もすっごくくだらなくて好き!と思ったのですが、決定打を打たれたと言いましょうか、もっともっと見たいと思わされました。
2011-2-13 ライブ記録

twitterでは
とかなり気に入っている様子。しかしそれっきり。
どうやらtwitterをやってるらしい、と知ったのが数日前で。
最初にフォローしたのはVEGAさん。この時点で、どちらがどちらなのかの判断ついておりません。
なのでちょっと検索かけてみた。インターネットの調べ物と言えばwikipedia
黒蟻 - Wikipedia
黒蟻(くろあり)は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。東京NSC11期生。2009年7月結成。漫才を主にしている。
ん?漫才を主にしている?
漫才を主にしている?
漫才?

私が見た過去二回は、同じネタを見たのですが。それはショートコント…だったはず。
黒のスーツと、黒のシャツというスタイルに目元を隠すというなんとも雰囲気のある出で立ちで。
そのネタの内容は、ブラックユーモアと言うんでしょうか。
設定がはっきりとは分からないのですが、おそらく悪の組織的な存在なのかと。*1
人が殺されたり傷つけられたりするオチのコントを見せて「どうだ」といわんばかりに、いかにも悪そうな高笑いを。
そして言います「今笑った人は心に闇を抱えていますよ」と。
世界観!
何が面白いって、なかなかの雰囲気を作って演じているのだけれども、そこにある内容はかなりくだらない…というか
なんていうんでしょうか、小さい子供が悪者ごっこをしているそれに似ているんですが
にもかかわらず、(無駄に)凝った、そしてクオリティの高い小道具だとか。
本人達の意図は分かりません、そういったことを狙ってないのかもしれません。
私にとっては、このくだらなさがなんとも破壊力抜群で。
普段コントで「良い!」って思うことが少ないこともあり、頭にこびりついて離れなくて。
なのですが過去二回見てなんとなく「この人達は喋れない芸人だ」という印象を受けていました。
ネタのキャラクターが邪魔になってしまい、普通の会話が出来ないというか。居ますよね、そういう人達って。
その印象こそが、「気になる」と思いつつも自ら必死に求めようとは思わない原因だったのかもしれません。

とにかく、コント師だと思っていたのに漫才を主にやっているということで
漫才大好きと言っている以上はチェックせずにはいられず、ネタ動画を検索。けどあんまり無い。
『死んだ人間はもはや人間の形をした肉の塊です』

衝撃を受けました。普通に顔出ししてる!!
てっきり目元を隠したスタイルで通しているのだと思い込んでいたために、これはなんとも衝撃的な。
wikiにも載っていますが、ショートコントのネタは「変態倶楽部」という名前のネタのひとつであり、どうやらあんな感じのネタばっかりやっている人ではないようです。
漫才最初に見てたら絶対気になってなかったと思います。出会い方に感謝。
けれど、こんな普通(とは言えないかもしれないけれど)な漫才をやっている人が、あのネタ*2をやっているのだと思うと、これはますます気になってきてしまいます。
コントはあんなに突き抜けてくだらないのに、なぜ漫才だとそれが大きく損なわれているのか。
けれど漫才を主にやっている、ということはこっちが彼らのやりたいことなのか?こっちが本質なのか?
だったらあのコントは一体どこから湧いて出てきたのか?
あまりにも両者から受ける印象が違いすぎます。こうなってくると、気になって仕方がなくて。
本当に眠れないぐらい気になってしまい、夜通し検索していました。GW万歳。

ひとまずtwitterとブログを遡って読み漁ってみました。
ツッコミ(らしい)のVEGAさんが割と積極的にブログ等のインターネットツールを利用してくださっているので、かなりありがたいです。
そんなわけで、現時点で分かっているのはざっくり
  • VEGAさんはtwitterで割と友好的
  • 修人さんのブログは色んな意味でこわい
  • 11期生の中では若い子チーム(高卒でNSC入学)
  • VEGAさんは学生時代暗かった?
  • 黒蟻というコンビ名は漫画「NARUTO」のひとコマからとっている
  • キュートンの活動に感銘を受けている(ライブのお手伝いをしている?)
  • ニコラジの前説をやっている
  • VEGAさんの本名は「こんどうゆうき」=バースの近藤さんと同姓同名(漢字違い)
など。
ニコラジの前説については、いくつか動画が残っていて視聴したのですが。
こちらは変態倶楽部として行っているようです。

そして、私が1人で気になる指数を上げている最中、昨日、VEGAさんがUstream配信を行っておりました。
同期のアニポップ春日さん*3とのゆるゆるトーク。
公式以外のUst配信を視聴するということがこれまで無かったのであまりにもゆるゆるな内容すぎて驚きましたが、自分が好きだと言って注目している芸人さんは自己発信的な部分に消極的(芸歴的な問題もあるんでしょうか…)だったりするので積極的な感じが新鮮で良いなぁと思ったり。
喋っている内容の「同意の得られなさそう感」に1人ワクワクしたり。
配信中にご自身が仰っていましたが、グランジ遠山さんの声質や喋り方に似ているなぁと思ったり。
たまに飛び出すネガティブ発言に動揺したり。
どうやら過去にもUstream配信を行っているようです。いくつか録画で残っているものがありました。
VEGAさんのUstreamページ
ざざざっと見ていたのですが、2/24に配信を行ったらしい学生時代の悲しいエピソードトークが面白いです。

余談ですが
POISON GIRL BANDの吉田さんも高校時代は友人がいなかった、と仰っていたり
NON STYLE石田さんもいじめられっ子だった、なんてことを話していますが
マイノリティを経験していることでちょっと変わった視点を備え、それが芸人さんとしての中身(質?)に影響しているのかな、なんてことを考えていたのでなるほど、変態倶楽部のネタの根底はここにあるのかしら。なんてことを考えたり。
クラスの人気者という立場もこれもまた全ての人が経験できることではないので、やはり芸人さんというのは変わった人がなるものなんでしょうか。
そもそも「芸人さんになろう」という意思決定を下せる時点で異質ということなんでしょうか。


バウンサー*4の「ルミネtheよしもとなう」にゲスト出演した動画もありまして。
その時は変態倶楽部として喋っていました。
このときのトークは当初抱いた「喋れない芸人」というイメージに近いかもしれません。
これ、同期のバウンサーが相手だから理解して歩み寄って一緒に和気藹々とやっていますが、距離感ある方が相手だったら成立しなさそうじゃないですか?
魔界あるある(変態倶楽部の皆さんは魔界からやって来ているそう)を話してらっしゃるのですが
修人さんの発想がなんとも可笑しい。ちょっと突っ込んだトークを聞いてみたいです。思考回路が気になる。
レオさんがつけてるサングラス?が普段VEGAさん着用のものですね。
『入ってね、ピッとやって着るんだよ』



面白いです。
こんな言い方すると失礼ですが、完成されていない…というか模索している?不安定な感じを含めて面白いです。興味深い。
同じ11期のトンファーのことを、割と追っていて若手っぽさというか「これから!」という感じにワクワクさせられていたわけですが、それ以上ですね。
なんだろ、年齢的に若いからでしょうか。(小浜さんとは同い年のようですが)
変態倶楽部のネタに限らず、なんとなくブラックな印象…というかある種の危うさなんかを感じるので
そこらへんを感じ取って上手く扱ってくれる先輩に見つけてもらえたら良いのになぁと思います。パッと浮かんできませんが。

そういえば、なんだか面白かったのは
検索するときに「黒蟻 お笑い」と入力して検索かけていたんですけど
VEGAさんのブログ・twitterはひっかかってくるのに修人さんのは全然ひっかからないんですよね。何故、怖い。
てっきり全く更新していないという感じかと思いきや、そういうわけでもなく。
インターネットは修人さんを隠したがっているのでしょうか。


想像してたものと全然違っていたことで、かなり興味をそそられています。
一言で片付けるならば、ギャップ効果でしょうか。
気になるからライブに見に行こう!と思ってもばちーんんんぐらいしか出演しておらず、当然社会人の身では行けないわけでして…。
しばらくは情報に飢えたまま過ごすことになりそうです。
そうこうしている間に熱が冷める可能性は多いにありますので、その時はこの記事もそっと消されることでしょう。
と言うわけで、初期衝動に駆られた勢いでのブログ更新でした。


【追記】
検索の話。キーワードを「お笑い」じゃなく「芸人」にすると修人さんもひっかかるようです。良かった。
あと忘れていた。彼らのブログとtwitter
よしもと芸人 黒蟻 VEGAの「圧倒的パワー」
よしもと芸人 黒蟻 修人の闇ブログ
VEGAさんtwitter
修人さんtwitter

*1:魔界から来ているという設定を知るのはこれより後なのです

*2:変態倶楽部

*3:元 桃男

*4:バウンサーとは同期