読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LLR単独ライブ「夕凪の街 桜の国」(2/23)


LLRの単独が素晴らしかったわけです。幸運なことに、両日ともチケットを入手することができ*12日とも見てきたのですが。
なんともまぁ、素敵な漫才をたくさん見せていただきまして。なんとなく個人的に気持ちがふわふわーっとお笑いから離れてしまいそうな*2そんな感じだったのですが、そういう不安定な気持ちをガッツリと掴んでくれる出来で。ああ漫才って素晴らしいわ、やっぱり私は漫才が好きだわ、と再認識。ありがとうLLR
しかしまぁ、こんな良いものを見せられると、どうしても口を開きたくなってしまうのですが翌日も公演があるということで自分の欲求を抑えこむことが困難でした。と、言うわけで昨日書き留めておいて感想をつらつらと。2日目の分はまた別記事で残したいと思います。

ネタバレありますので、公演を見ておらず、新ネタ漫才を楽しみにしている方はご注意ください。

  • 前説はいつも通りかたつむり
  • 漫才:ロールキャベツ系男子
草食系男子、肉食系男子に対しロールキャベツ系男子*3というのがいるらしい。だったらもっと色々な種類があるのでは?と。
LLRらしい、と言いましょうか「福田さんに翻弄される伊藤さん」という正しい図のような印象。ギャルへの偏見と、適当も適当な理由づけ。なのになぜかそれっぽい、なんとなく説得されてしまうという福田マジック。
自分的お気に入りワードは「らっきょレディ」
  • OPVTR
今までのVTRが嘘のような出来でした。苦言を呈するならばタイトルのフォントが…。
  • コント:いいやつ
どこまでも親友想いないいやつ…なのか?
  • VTR:絵馬コレクション〜伊藤さん偏〜
明治神宮の絵馬の中から気になるものをチョイスし、評価していくというもの。
  • 漫才:出会い
そろそろ結婚したいね〜出会いと言えば結婚式の二次会!と言うことで、結婚式二次会での出会いを練習しようというもの。一本目よりも伊藤さんの毒っ気が満載でした。この二本目を見た時点で「LLR売れる...!」と思ったのです。福田さんが演じる女性のような女性はこの世の中に存在しているのでしょうか。なんだろ、決して美人ではないのだけれどロングヘアでスタイル抜群のような気がする…。
  • VTR:絵馬コレクション〜福田さん偏〜
選んだ絵馬を紹介する福田さんのキメ顔がなんとも…。福田さんは単独VTRを撮る前に美容室に行った方がいいと思います。OPVTRももさもさしていて見るに耐えない…と言うと言いすぎですが、まぁ美しくはないですよね。単独前でそんな時間もとれないってことなんでしょうか…。
  • コント:都会の喧騒
福田さん演じるマスターの経営するバーにて。お客さんとして現れた伊藤さん、何を注文しても出されるのは「生ビール」 おそろしく静まり返る会場…
  • VTR:福田ファミリーオーディション
この単独にむけて「LLR福田ファミリー」を設立する運びに。そのオーディションの模様を。
  • 漫才:究極の選択
福田さんに翻弄される究極パターンかもしれません。完全に出し抜かれていく伊藤さん。嬉しそうに引っ掛ける福田さん。絶対痛い目にあうよーと思いながら見ていて、実際酷い目にあうのが可笑しい。
とちゅう今をトキメク女性芸能人の名前が次々あがって「でも俺は○○が好きなんだよなー!」なんて言うくだりがあるのですが、全くもってれなぽんの名前が挙がらない…。いいんですけどね、そこでれなぽん推しされても冷めるような気がするのですが、出てこないんだなぁと思って。
  • VTR:福田ファミリー合格者
先程のオーディションの合格者を発表。トンファー小浜さんが一番に流れて私のテンションが一気に上昇しました。小浜さんはオーディションにて「好きな曲を歌って」と言われ、糸を歌っておりました。選曲センスよ…!
  • コント:棘(伊藤さん作)
主役のうに太郎の役がトンファー小浜さんでして。「栗じゃないよ、うにだにー!」というセリフが小浜さんのキャラクターにピッタリで。なんとも可愛らしかったのです。コントそのものの出来については…差し控えておくとして。このコントに全く無名の若手の子が出ていました。その方、LLRファンの彼女と連絡が途絶えているそうでLLRの単独に出演することで関係を修復したい…と言うよりは復讐したい?のだそう。連絡きていると良いのですが…。
  • VTR:スリ
若手芸人はサイフを楽屋に置きっぱなしで危機管理がなってない!ということで、LLRの2人が楽屋からサイフを盗んできて、その金額を競うというもの。
  • 漫才:記憶術
最近記憶術にハマっていると言い出し、伊藤さんに「なんでも適当に単語言って」と頼み、記憶するために与えられた単語で物語を作っていくのですが…。とっても面白くて良い漫才でした。どんどん伊藤さんに振り回される福田さん、対抗するんだけど敵わない感じ。自分次第でどうにでもなるのに、あえて(なのか天然なのか)振り回された挙句、最終的に自分が決めたルール(ドラマ仕立てにする)を伊藤ちゃんに委ねて自分は楽しむだけという...。ドラマ的お芝居が大好きな福田にはまっていて良いなぁと。一貫したくだらなさがまた彼ららしくて素晴らしいなと。
お気に入りワードは「夢でした」と「ハイエナも来ました」
  • VTR:これ俺じゃないですか?
べ/しゃ/り/暮らしに出てくるキャラクターが自分ではないか?と集英社に問い合わせる一部始終。完全にヤバい人の扱いを受けられている福田さん。
  • 中国語
最近中国語を学んでいるという伊藤さん、しかし福田さんのほうが中国が出来ている様子で「お前中国人だな!」と。 どの漫才も良くって大満足であります。やけにしっくりきちゃう福田さんの中国語が(笑)伊藤さんの素晴らしい偏見が炸裂しておりました。
  • VTR:中須家訪問
中須さんの家に訪問…伊藤さんが生まれたばかりのひろくんをさらっていくまでの一部始終。 恒例の8期生との茶番劇。いつにもましてくだらなかったです、どこまでもくだらないことやってくれるんだなぁ。


本当にとってもとっても、どの漫才もとびきり面白くて、ああLLRって優秀なんだなと今更ながら。くだらなさに磨きがかかっていたような印象、これはあの賞レースが無くなったことでベクトルの向け方が変わったからなのかしら。とか何とか深読み。
わたしは彼らの個々のキャラクターを知っていますし、それでこその面白さもあるのですが。例えば彼らを知らない人が見ても面白かったんじゃないかなーと思うのです。構成が良かったと思います。所謂「LLRらしい」福田さんが好き勝手言う漫才から始まって徐々に伊藤さんの比重が増していく感じ。そして当然ながらこちらが主軸として見る対象が変化していく感じ。
最初の漫才では完全に福田さんの思考に注目していて、2本目の漫才ではそこから微妙に伊藤さんの口の悪いツッコミが気になりだし、3本目でなんとなく2人が並立になり、4本目の記憶術で一気に伊藤さんに意識がうつる。そして最終的には福田さんに戻るといったような。
ブラック…という言葉で片付けたくないですが、LLRを知っていくにつれて気づかされる伊藤さんの魅力が少しずつ強まっていって、最終的には子さらいというオチで(笑)なんてよく出来た2時間なの。
自分がLLRというコンビを知っていく過程...福田のおしゃべりに魅せられ伊藤さんの魅力に気づかされ、福田の才能に惚れ直す...みたいなその流れをこの二時間強でぎゅぎゅっと押し込められたかのような。これをDVDにしちゃえば良いんじゃないの?と思ったぐらいです。


上手い!なんて感動要素は無いのですが、とんでもなくくだらない*4というのは一貫しているのだけれど、そこから色の違う漫才をくるくると展開していって、底力と言うとニュアンスが異なってしまうかな。基礎力 たるやを見せつけられたような気がします。つまりは、LLRは面白い、ということですね。(にも関わらず当たり外れが生じてしまうムラっ気が非常に気になってしまうのだけれど)ポイズンに勝るとも劣らない立ち話感に加えたアドリブ感。安定して常にこれぐらいのものを見せれるようになったら、こりゃ黙ってられないですよ。売れちゃうよ、LLR売れちゃうよ。


と、まぁ非常に興奮しているわけです。

*1:チケットよしもと先行予約システム及びお友達の皆さんありがとうございます!

*2:さっさと離れろ

*3:見た目は草食だけど中は肉食

*4:誉めてます!