読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A面B面〜ネタ2本やります〜

お笑い POISON GIRL BAND LLR

佐久間一行さんプロデュース公演のA面B面、普段やっている普通のネタ(A面)とちょっと趣向の変えたネタ(B面)の2本やりますよ、というライブ。ポイズンが毎度毎度出演させてもらえているのでいつも見に行っているのですが、そうでなくても非常に好きなライブです。B面のネタを見て「この人達良いな」って思うことも多いです。
なんとなくあまり見る機会を得られない佐久間さんを中心としてピン芸人さんのネタを見れることでも非常に楽しみなライブでして、10組×2本ですしボリュームも相当ですよね。いやはや、続けていってほしいライブでございます。

  • LLR
  • A面:ギャンブルをやめる(漫才)
  • B面:超能力(漫才)
A面のほうは夏単独でやっていた漫才ですね、このネタは単独でも両日共にやっていたネタですし本人達的にお気に入りのネタなのかな。個人的にはもっと好きなネタ(単独ライブのもので)があるので、そちらを改良してほしい…!とも思いますが、ここらへんはファンが何言っても届かないことでしょうから諦めます。
B面は漫才大作戦で以前やっていたらしいネタですが、私は初見でした。面白い!ダブルボケ、と言うといいすぎかもしれませんがお互いがお互いを出し抜こうとする感じが良かったです。というか伊藤さんが福田さんを出し抜く感じのネタが好きなんだよな、多分。B面といわずもっとあちこちでやっていただきたいもの。
余談ですが、空を飛んでいるところをバカにされる〜というあたりは大吾組のトークを思い出しつつ。ポイズンのフリートークがそのまま漫才、というような印象を受けるようにLLRも普段の会話をベースに作ったほうが面白いんじゃないかしら、というかそっちのほうが伊藤さんが味が出て面白いんじゃないかしら、とか。

  • デッカチャン
  • A面:気づいちゃったマーチ
  • B面:歌

  • パンサー
  • A面:恋してる(コント)
  • B面:尾形さん作コント
パンサーのネタってあまり見たことないのですがB面がなかなかひどくて(苦笑)すごく嫌な物の言い方ですが、グダグダを面白いと変換して笑ってくれるのは君たちを好意的に見ている人だけだよ、と。別にわたしに影響ないのでどうでもいいことなのですが、こうやってパンサーのことをよく知らない人が見て、決して良い印象を受けずに帰っていくことを良しとしているのかな。

  • はいじぃ
  • A面:英語
  • B面:進化論

  • ブロードキャスト
  • A面:浮気の言い訳(漫才)
  • B面:クイズ番組(漫才)

B面のネタで漫才スタイルで登場して「われわれコチラがB面です」という紹介がなんとも(笑)なんてくだらないんだろうなーと思いつつケラケラ笑っていました。これを力技と言わずして何を力技と言うのでしょうか。すごい。

  • 永井祐一郎
  • A面:テノール
  • B面:パチクリ
パチクリのインパクトが強すぎて夢に出てきそうです。ずっと目を閉じたままネタしてたってことなのかな、それもまたすごいお話だ。

  • POISON GIRL BAND
  • A面:物忘れが激しい(漫才)
  • B面:相撲(漫才)
A面は先日の漫才トーク(漫才のみの回)にて披露していたもの。B面は昨年作っていたネタですね、てっきり切り捨てられたと思っていたのでまた見れて嬉しかったです。
ポイズンはネタの導入部分でのゆるゆるな会話が面白い、と思うのはファンだからなんでしょうか。今日はA面のネタ前にはコンビ名を何度も言うというノリを展開した挙句、コンビ名を「激突」に改名するなんて仰っていました。意外と乗り気な吉田さん「センスを感じる」だとか「いいね、かっこいい」だとか。ちょいと阿部さんを甘やかしすぎじゃないですか?(笑)
B面のネタ前は「お客さんが(一本目の時から)減ってないですね」という話から「出てきて誰もいなかったらどうする?」と。吉田さんは「佐久間さんに報告」「誰もいないのにネタやるほどマジメじゃない」ということ。なるほどなるほどと聞いていた阿部さん「俺だったらどうするかなー」と自問し即座に「何も思いつかねぇや(^-^)」と吉田さんへ丸投げ。
薄々思っていたことではありますが、相方がいないと途端に不安定になるのは阿部さんも吉田さんも同じですが、阿部さんのほうがその度合いが極端だなと。理解するのに一間必要*1な発言を自由に発して、それが笑いに変換されているのは吉田さんがいるからなんだよなーと。うん、つまりもっと吉田さんが評価されていいと思います!ということを言いたかっただけであります。

このライブで佐久間さんのネタを見るたび好きだなぁと思います。R-1上手くいくといいな。

ああ圧倒的だなぁ、と。不安定な部分が無くて安心して見れて、ちゃんと面白いという。M-1チャンピオンってこういうことなんだなと思います。ブレないで存在していられるということ。期待に応えられるということ。


LLRの新ネタで良い!と思えたのがすごく久しぶりのような気がして、なんとなくもう自分は彼らに飽きちゃってるのかななんと思っていたところだったので、嬉しい限り。M-1もやっと3回戦通過できましたしね*2良い方向に転がっていってほしいなぁと思います。

*1:時には考えても考えても理解出来ない場合も

*2:しかもだいずきのネタで