読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロードキャスト差し漫才


ブロードキャストが主催で行っている差し漫才、今回のゲストはLLRだったので行ってきました。
1時間という枠の中で、2組が交互に出てきて漫才をする。(ネタ時間は自由)最後に舞台に立っていたほうのコンビが1時間ピッタリでネタを終えて、「差し漫才」終了…という流れのよう。何が嬉しいって出囃子を何度も聴けることですね、好きな芸人さんの出囃子は無条件でテンションあがるので…毎回「SHOW TIMEだぜー!*1」って思いながら待っていました(笑)
完全なるLLRファン目線での感想

  • 自己紹介(ブロードキャスト)
 歌の途中で「房野」というワードを入れ込んでくるやつ。とにかく歌が長いのなんのって、ネタ時間が定められていないからこそ出来るネタのような、普段AGEAGEでもやっているのでしょうか?(だとしたらどうまとめ上げているのか気になるところ…)
 冒頭で、まだお客さんが入ってきているので待っている間ちょこっと話をしていたのですが、今回は完売だったそうで。「さすがLLR」とのこと(笑)過去二回*2は完売しなかったそうです、わざわざそんな情報与えなくても…。
  • 嫌われてる気がする(LLR)
 えー一本目これかよ!と思ったことは内緒で。今まで見たものは全て導入で「嫌われてる気がする」「俺のこと好き?」「大好きじゃないんだ…」みたいなすごくウザったい女のノリが出るくだりがあったのですが、今日はその部分はガッツリ削除されていました。このネタを見る度に思うことなんですが、LLRのこと全く知らない人が見たらきっとあんまり…なんだろうなぁと。
 私が見た中では、AGESAGEで一位をとったときが一番良く出来ていたように思うので、長くしないほうが良いネタなのかなって思うのですが…どうなんでしょうか。かといってこういうネタをM-1にもっていかれたら嫌なんですけどね…。
 冒頭では「雨なので天パがひどい」というグチをもらしておりました。いつもパーマならば良いけど、雨の日だけうねるのでいつものようにいかない。いつも通りが効かないから遅刻しちゃうんだ、という主張に「年頃の女の子じゃねぇんだから(伊藤)」と(笑)福田さんとしては昔はこんなに天パじゃなかった、ということなんですが伊藤さんとしては「昔からそんなだったよ」とのこと。
  • 自己紹介(ブロードキャスト)
 本日の最短ネタでした、1本目の自己紹介と同じことをやろうとして「それ長くなるから!」ですぐはける。
 すぐ終わらせたブロキャスに対し「そういうやり方ね」「短距離走みたいなね」とこぼし、「大丈夫です、僕ら短距離ネタないですから」とのこと。はい、知っております(笑)  最近ゲームにハマってるんだよねー、ということで自分でゲーム作っちゃったのでやってみて、と。初めて見るネタでして、なんか変なタイミングで直球な下ネタ入れてきちゃっていたので「どうした!?らしくないぞ!」と思ったのですが*3漫才後の反省トークで8年か9年ぶりぐらいにやるネタだったと聞いてなんだか納得。*4しかもあの例のスキー場への営業*5で鉄板ネタとして毎日やっていたネタなんだそう*6。なるほどね、そういうノリの漫才ね。なんて偉そうに思ったり(笑)
  • ジム通い(ブロードキャスト)
 私の思う、ブロードキャストっぽい漫才でした。(あまり知らないので、偏見混ざっていたらすみません…)気がついたらどんどん場面が変わっていっちゃってて、油断していたら追いていかれちゃうような。そして終わった後全然覚えていない…という(笑)
  • 怖い話(LLR)
 おそらくLLRのパブリックイメージはこういう漫才なんだと思います、好き勝手やる福田さんとそれを見守っているようで放置して楽しんでいる伊藤さんという関係性。大吾組で吉田さんから「福田がやると全部キザになる」なんていわれていましたが、そのキザっぷりが存分に楽しめる漫才です(笑)このかゆくなるような感じ*7がね…LLRの面白いところです、ずっとニヤニヤしながら眺めちゃう感じ。
 最後の怖い話が始まった時の伊藤さんの「あぁ、初めからね」というフレーズが好きです、すごく伊藤さんっぽいというか。福田さんに振り回されているようで、実は完全にバカにしてみているような感じが!
  • しつけ(ブロードキャスト)
 以前大作戦で見たものかな?と思います。このネタの時は、このままじゃLLRが最後しめなきゃいけなくなっちゃう!あの子達ネタ切り上げられるの!?ってことで頭がいっぱいで実はあまり集中できていませんでした…ごめんなさい…。
  • いっていい?(LLR)
 このネタすごく好きなので、導入でこのネタって分かったときに嬉しすぎて悶絶しました。だいずきもそうですが言葉遊び系のネタが好きなのかな、私。時間もあるのでやや駆け足気味だったのが少し残念ですが…かなり久しぶりに見れて嬉しかったです、やっぱり面白い。ネチネチ10分ぐらいやってるのが見たいなー、もう機会ないかなー。
 このネタの時の福田さんの表情がすごく好きです、伊藤さんを凝視していて、ほぼ表情変えない感じ。あの顔でひたすら「いっていい?」って言われ続けるのは、かなりホラーです(笑)  オチ直前の、伊藤さんが「トゥトゥトゥトゥトゥ!」と怒ってみたら「ダメかぁ…」と納得する流れが非常に好きです、多分私が最初に見たときはこの流れは無かったと思うのですが、このひとつが加わるだけですごく良くなった…と思ってます、あはは偉そうですが(笑)私はLLRはネタに手を加える時に絶対失敗しないなーと思っているのですが(じゃあ誰か失敗してるの、と問われると困っちゃいますが)多分このネタはこの感じでもうほぼ変えてくることはないんじゃないかな、って思っております。
 LLRが登場した時点で残り5分も無かったと思うので、今日はどのネタもすごくのびのびやっていてから「ちゃんと終わらせられる…?」と心配になってしまいましたが、いっていいのネタは時間調整しやすいネタだと思うので(ボケのひとつひとつを削りやすいし、増やしやすい)ちゃんとキッチリ時間通りに終了。いつも収まらず「あーあ」っていう表情を見てきているので、キレイに終われて思わず「おぉー」と言ってしまいました。


【反省トーク】
  • 「(ブロキャスの1本目について)喋ってるだけと思っていたのに、気がついたら漫才入ってた(福田)」「ブロキャスはん流石やわー(伊藤)」
  • 福田さんが気に入ったブロキャスの漫才でのボケ、「だじょ」と「肩にヒラメ」
  • 「ボケが師匠クラス(福田)」「僕ら練習では入れますけど、本番じゃ絶対入れない(福田)」
  • ブロキャスは2人とも男前なので騙されているけれど、やってることはほぼロシモンと同じ(福田)
  • LLRはネタをリストにして貼っていたそう
  • ブロキャスの2人はそれをセットリストと捉えていたそうですが、LLRとしてはネタを羅列しただけだったそうで
  • 「その中からフィーリングで選ぶみたいなー(福田)」「フィーリングって(房野)」
  • いつも舞台に上がって、雰囲気や風を感じてネタを決めているLLR(笑)
  • 「漫才では風を感じる(伊藤)」
  • 以前福田がしゃべる、にて朝起きてまず外にでて風を感じてからその日どう過ごすか決める、みたいなこと仰っていたことを思い出す。
  • 理数系なのに、意外と感覚的に生きてらっしゃるんですね。
  • ブロキャスの2本目、すぐ捌ける漫才は「差し漫才」での洗礼、とのこと
  • もともとは初回のラフコンにしてやられたそうで、ノブコブの時にしかけたところ「やりやがったなぁ!(ノブコブ吉村)」と
  • 洗礼、と聞いてLLRのお2人「僕ら的には『沢山出来るー』って感じでしたけどねぇ(福田)」「持ち時間増えたーってね(伊藤)」
  • いつもネタ時間が決まっていて(大体4分ぐらい)せせこましくて全然楽しめない、とのこと*8
  • 「もっと長くやりたい」「もっと見てたい(伊藤)」*9
  • 先輩に驕ってもらう、後輩に驕ってあげる、の話
  • 吉村さんからはあまり驕ってもらわないなぁーと福田さん
  • 「漫才見てたら分かるもん、驕ってないなぁって(福田)」
  • 「あのボケ驕ってないな」
  • 漫才で分かるってどういうことよ、となり、「じゃあ驕ってそうなボケって?」ということに
  • そこで実際よく驕っている人の名前をいくつか挙げる感じになったのですが、即「ポイズンの〜」「吉田さん?吉田さんはツッコミだからー」
  • 吉田さんの名前が出てきただけでニマニマしちゃいました、ふふふ。
  • 伊藤さんは驕ってもらってばっかり?
  • twitterにて「いまあべこうじさんとゴハンしてまーす」の10分後くらいに「中谷さんにコーヒーおごってもらいましたー」
  • ブロキャス・LLRチーモンの沖縄ツアーの際に全くお金を持っていかなかった福田さん
  • チーモン白井さんがやたらと色々買うよう勧めてきた(吉本ルールではつまり買ってあげる、ということ)
  • 理由を問うと「お父さんがこういうときは後輩に沢山驕ってあげなさいっていうから、沢山お金持ってきたー」と言われたそう(笑)


LLRご本人達曰く、こうやってネタ時間を気にせずに漫才が出来る場があまりないので楽しかったとのことでした。それはLLRファンとしては常日頃から思っていることで…自分達で漫才ライブやれば良いのに!時間気にせずに好きなだけやるやつをさー!短い時間でもちゃんと面白いんですけど、やっぱり10分ぐらいの尺でやってくれたほうがしっくりくるっていうのは、本人達がそういう意識でやっているからなんでしょうね、きっと。
漫才大作戦には通っていますので月に2本はLLRのネタ見ているわけですけど、あちらは新ネタが主ですからどうしても不完全な部分がありますので、こうやってちゃんと出来上がっているネタを見るのはやっぱり良いですね、もれなく面白いっていう。AGEAGEも全くチェックしていないので、久しぶりに見るネタばかりで非常に楽しめました、面白かったなぁ。
終始、時間を気にせずに漫才が出来るのは良い、という発言をしていたので、この人達*10は漫才が好きなんだなぁ、と思って嬉しかったです。他の芸人さんの志向は別に良いのですが、自分が好きだと思っている芸人さんだけは漫才が好きであってほしいです、漫才に惚れているので。全くお笑い好きではない子に熱く語って苦笑いされたのですが、「漫才は目的だ」*11って言いきってほしいんですよね。手段なんて言われちゃった日には…泣きます、そこに惚れ込んでいる私ってなんなんだよ、って思っちゃいますもん。

*1:なぜこれを出囃子に、という説明の際に「今からSHOW TIMEだぜってことで」と仰っていたので

*2:ラフコン、ノブコブ

*3:LLRの下ネタでの、見ている側の受け取り方に委ねてる感じが好きなので。

*4:NSC入る前に作ったネタかも、とのこと

*5:エリヤン橘さんが芸人になるきっかけとなった

*6:下ネタの部分がめちゃくちゃウケた、とのこと

*7:伊藤さんのツッコミフレーズを用いるなら「甘酸っぱい物語」

*8:それは見ている側も一緒なんだよ!

*9:「怖い話」で伊藤さんが楽をしている、という指摘があったのです

*10:LLR

*11:ロックンロールは目的だ