読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

佐久間一行Presents A面B面〜ネタを2本やります〜


10組の芸人さんが、いつもやっているネタ(A面)といつもとはちょっと違うネタ(B面)を披露します、というこのイベント。初参加でした。
オープニングは主催の佐久間さんによる趣旨説明など。「風が強い中来てくださって〜」というフレーズを連呼する佐久間さん
夜中、余りにも風が強いのでちょっと外へ出てみたら、外はあんまり…だったとか(笑)

すごく楽しいイベントでした。自分はポイズンと佐久間さんとパンクブーブーしか出演者を把握していなかったので、グランジ・犬の心・ポテト少年団の登場は嬉しかったです(ネタ順が来て分かるって感じだったので)
A面でもB面でも好きな芸人さんだと、どちらともすごく可笑しくて楽しいですし。もともとあまりしっくりこない方だと、いずれにせよしっくりこないんだなぁということも分かりました、やはは。
感想でもウダウダと書いていますが、犬の心は良いですねー。基本的に漫才師贔屓なので思い入れの違いはありますけど、コント師の中だと1番好きかもしれないです。*1

次回は6/6とのことです。ポイズンも出るようなので是非また参加したいと思っています。


なにぶん出演芸人さんが多いので長くなってしまうでので、たたみます
ネタバレ含みます


<ネタ(A面/B面)>  面白いです、もう流石すぎます。B面ではいつもやらないコントで、最初菊地さんだけが登場するんですが、その演技っぷりが*2なんだか違和感があってニヤニヤ。
 内藤さんの慣れないコントでアドリブかまそうとしてグダつく様はご愛嬌!
  • はいじぃ(モニター:ピンチの時のひとこと/謎かけ)
 旧無限大でアシスタント役?として出ていた姿は拝見していたのですが、ちゃんとネタを見るのはもしかしたら初めて…かもしれません。あ、いやテレビで拝見したことあるかもしれませんが。
 A面のモニターでの漫談?は、あの小さいモニターで皆さん見えているのかなーと心配に。浅草花月は隅の席はかなり見難いという印象があるので、もしかしたら端の席の方は楽しめなかったんでは…。
 B面の謎かけでは、お客さんにお題を求めて「すぐ思いつかないので、出てくるまで歌を歌います」とのことで。がっつりカラオケしてくださいました(笑)
 エンディングで話題になっていましたが、裏の芸人さん達がザワついていたとか(笑)
  • チョコレートプラネット(コント:新薬の売り込み/漫才:やればできる)
 長田さんが松尾さんの顔(?)に笑っちゃう場面が…ダメだよ、相方が笑っちゃ!(笑)
 出てきたときかすかに「わぁっ」となっていて、人気なんだなーと思ったり。
 お久しぶりに見ました!大貫さん可愛い^^
 SMコントについていけない、というか引いちゃっているような雰囲気でした。うーん
 本人達もそれを感じ取っているのか、お客さんと噛み合うことないまま…という感じでして、すごく久しぶりにそういう雰囲気を味わったので居た堪れませんでした。
 TVで他の芸人さんの笑い声とかもあったら、ポップに受け取れるのかもしれませんが…若い女性が主でしたし、難しいのかな。
  • グランジ(コント:僧コン/コント:五明部長)
 グランジの僧コンはもう何度も見ているのに、何故毎回笑ってしまうんでしょうか、すごい。
 今回の大さんはセミロングのストレートヘアでした。
 波16に出演時にこのネタを母と見ていて、五明さんの「インランと申しますー」のところで母がすごい笑っていたことを思い出しました。あぁ、我が家はすごくオープンな家庭だなぁと(笑)
 B面の五明部長のコントは、キャッチボールをしている設定で実際にボールを投げるんですが、袖に入っていったボールがすぐ舞台上に戻ってきまして。袖にいた阿部ちゃんが投げ返していたようです。取りに行こうとする前に戻ってきたもんだから大さんと遠山さんが驚いちゃって(笑)
 グランジみたいなゴリゴリの男子がホモネタはいかんよ!と思ったことは記しておきます。
 D関無双以来個人的にすごく気になっているシューレスさん、ネタが見られて嬉しかったです。
 ランニングに麦わら帽子の衣装なので序盤は勝手に体育の授業だと思っていたのですが、教室の設定のコントだったっていう(笑)
 B面のネタはスケッチブックを用いて。最初はバナナくんの一生ということで物語が展開していくのですが、後半はそれと同じ絵を使ってジンバブエの大統領のお話をしてくださいました。
 おそらくシューレスさん個人としてジンバブエの国政について思うところがあるようで、つい批判的なことを口にしてしまったりして自分で慌てている様が…。でもシューレスさんの人柄が表れてて嫌な感じには伝わってこなかったです。本来はあまり口にすべきじゃないのかもしれませんが。
 こういう風にスケッチブックの絵を使いまわすネタやっているピン芸人さん…うめさんでしたっけ?いましたよね。そこと比較するとクオリティは…という感じでしたが、非常に勉強になりました。
  • 犬の心(コント:催眠術/コント:サボテン)
 催眠術のコントは好きなやつなので嬉しかったです、よく出来てるんだよなぁ。
 自分はコントってあまり見ない人でして、面白いなぁと思うことはあっても他のネタも見たい!とか、コント良いじゃん!とは思えなかったんですが犬の心きっかけでコント師さんに興味を持つようになったので、コント師の中では群を抜いて実力者だと思っています。
 サボテンのコントは「背中を掻く」で披露していたやつです。*3単独ではたっぷり時間を使って見せてくれていたので、「あのネタだ!」と分かった時点で一体どういう風に短くまとめるのかが気になって気になって。
 結果的に、あの感じを全く崩さずに組みなおしていたので、すごいなぁさすがだなぁと。
 本人達も「今日はコントとお芝居をしました」と仰っていたので、確かに単純な「笑い声」という反応は少なかったかもしれませんが、だからってお芝居とも違っていて*4犬の心っていう方々の凄みというかそういうのを感じました。
 私が思う「シュール」といわれるコント師さんの魅力ってオチを作っているというよりは、オチに向かってその前の部分を作っているという感じがするところです。漫才師さんだとそういう風に感じることってほとんど無いですし、だから「オチが決まれば!」って思ったりもするんでしょうし。
 シュール5メンバーのコントぐらいしか見ませんが、やっぱり他のコント師さんとは違うなぁと思います。特に犬の心は秀逸…というかなんだろ、美しいっていうのかな。ピッタリくる言葉が見つかりませんが。
  • POISON GIRL BAND(漫才:ポエム/コント?:トークトークトーク)
 A面の漫才は阿部ちゃんが作った詩に吉田さんが曲をつけるというもの。*5
 途中「マンPのGスポット」の歌詞が出てきたときには「(今やるのは)A面だよ?」「もうB面でもない、Z面ぐらいだよ」というツッコミが(笑)
 個人的に好きだった夏のお嬢さんの部分がポニョに変わっていて残念、でも破壊力は同等でゲラゲラ笑いました。お父さんの見舞い帰りに「ぽにょ、ぽにょ、ぽにょ」…(笑)
 余談ですが、阿部ちゃんのスーツが以前にも増して喪服っぽくなっていました。多分前と違うやつだと思うんですけど、いつから変えたんだろうか
 B面は、吉田さんのトーク番組にゲストとしてやってきた阿部ちゃん、という設定で。神保町トークの阿部ちゃんが素でゲストバージョンみたいな感じでした。
 「ボウズの憧れ、眼鏡男子の最高峰、ベストジーニスト」という肩書きで登場したにも関わらず、眼鏡かけていないし普通のズボンを穿いている阿部ちゃんに「いきなり裏切りで(吉田)」
 ネタの内容的には、その人気者の阿部ちゃんが視聴者から寄せられた質問に答えてもらう、というものでして。その質問の内容が「お風呂に入る時間」や「健康に気を使っていること」など、以前漫才トークでやっていた「こだわり」*6の漫才の内容に繋がっていました。
 なので途中バイクの2人乗りをしたり、おみこしを担いだり…。このお神輿をかついでいる間、どうしようもなく可笑しかったのですが周囲が「?」となっていまして、とてもゲラゲラ笑える雰囲気でなく必死で堪えていました(笑)
 普段ポイズンのライブばっかり行くので忘れてましたが、こういう雰囲気になるのかーと。普通に漫才になっていたらまた違った反応だったのかもしれませんが。
 あと、この「視聴者からのお便り」でいちいちPNも読み上げてくれるのですが、どれも「きりんさんが好きです、でも○○のほうが好きです」というものでして。○○には芸人さんが入ってくるのですが、2人目のときに「ウーマンラッシュアワー」が出てきて、うわー流行りを抑えてきやがったーと思いました(笑)吉田さんがそういうことすると嫌味っぽく感じるんですよね、深読みしすぎなんでしょうけど。
 最後の方は「きりんさんが好きです、キャベツ確認中は嫌いです」でして阿部ちゃんが「僕と一緒ですね」と(笑)
  • 佐久間一行(コント:中学校の休み時間/コント:セミ)
 佐久間さん主催のイベントということで、一番反応が良かったような気がします。
 2本ともホワイトボードを使ったネタでして、これもまた隅の方は見えなかったんでは…と。*7
 B面でのセミの装いをしている佐久間さんが(笑)  MCは佐久間さんでして、A面とB面の間に少し喋ってくれるのですがそのときにスーツでの登場でして「いつもオープニングはジャージで、中MCではB面ってことでスーツにしてるんです」とのこと。しかし意図が伝わらずアンケートに無駄な着替え、というようなことを書かれちゃったんだとか(笑)
 A面の漫才は流石でした。すっかり安定しちゃって…(笑)
 対してB面のコントが!全然分からないよ!もう同世代の男性だけをターゲットにしたようなネタでして。本人達曰く、ルミネの本公演でやって支配人さんから「2度とするな」とこっぴどく怒られたネタなんだとか(笑)
 伝わりにくい偏ったネタする方っていますけど*8、それでもツッコミのフレーズとかでニュアンスが伝わってきたり、分かんないながらの可笑しさってありますから、突っ走らないで・置いていかないで!と思いました。
 キャバ嬢コスの哲夫さんのパンチ力がすごすぎました…(笑)


時間が推しているのでーということでエンディングは一組ずつ一言と告知があれば、という感じで。
ポイズンと佐久間さんのお決まりのくだりがあったようなのですが、時間が無いということだったから吉田さんはやるのを止めておいたようなんですが、佐久間さんが「いつものは?」みたいなことを仰って、「時間ないから…」と言うと「マジメ!」と言われてました。そうなんです、ポイズンはマジメなんです(笑)
吉田さんが「SHOW-TEN」の告知をすると、「お前そんなとこまでいったの?」と笑点と勘違いしているみたいなボケをかまる阿部ちゃん。
佐久間さんが時間がないから、と止めさせようと「後でゆっくり説明してあげてー」と言うも「大丈夫です。今すぐここで分からせます」と説明しはじめる吉田さん(笑)周囲からは「結局時間使うんじゃないかよー」*9との野次が…(笑)
「もうポイズンの時間は終わったんだよ?」と促す佐久間さん、優しすぎる!ポイズンのダメコンビ!

犬の心からの告知は、来月あたりにフレンチブルを飼おうと思います(池谷)とのこと。もしかしたらお散歩している池谷さんに遭遇できるかも…とワクワクです。

*1:この後ベタ誉めしているので、ここでは省略

*2:下手とかではないんですけど

*3:見ホーダイにありますので、是非!

*4:なんて言ってもオチが素晴らしい!

*5:曲をつける段階にはいけないのですが

*6:40分やでっ!や、腹八分目やでっ!のやつ

*7:私はそんな端じゃなかったんですが、危ない部分ありました

*8:メメとか

*9:お決まりのくだりを端折ったにも関わらず